powered by 大人のレストランガイド

ブラジル「屋台おばちゃんの味」 政府公認の文化遺産

2014年サッカーワールドカップ開催、2016年リオネジャネイロ・オリンピックパラリンピック開催と、これまで日本の真裏で遠い存在だったブラジルが近年、急に身近に感じるようになった。ブラジルの食も、牛肉の塊を串に刺し、ダイナミックに炭火で焼き上げるシュラスコ料理店が相次ぎ開業するなど、日本で食べる機会が増えている。

それでも、ブラジルの食は奥深く、日本に知られていない未知の食がまだまだあろう。「広大な国土のため、それぞれの地域に特有の料理があり、また移民大国ゆえ、移民元の多くの国の影響もそれぞれの地域で受けています。だから、ブラジルの代表的な料理は何かと問われれば、『地域料理』だとお答えすべきでしょう」とアンドレ・コヘアドラゴ駐日ブラジル大使は話す。

例えば、シュラスコ料理は、アルゼンチンやウルグアイに近い、畜産が発達しているブラジル南部の地域料理。南部には、ドイツ人の移民が多いため、シュラスコ料理と合わせておいしいビールを堪能することができる。一方、アマゾンの先住民インディオの言葉でタピオカと呼ぶキャッサバ芋は、今やブラジル全土で様々な料理に広く使われるようになった。

ブラジルの朝食には定番のチーズパン「ポン・デ・ケージョ」

タピオカといえば、台湾など東南アジアで一時大流行した、半透明の丸い寒天のようなつぶつぶが入っているドリンクを思い起こすことだろう。しかし、それは「タピオカパール」のこと。同じキャッサバ芋が原料でも、ブラジルのタピオカとは、ずいぶん違う。

例えば、少し前に日本でも流行したチーズパンの「ポン・デ・ケージョ」。もちもちっとした独特の食感は、原料のキャッサバ芋のなせる技。日本でも、チェーン系ベーカリーですっかり定番になっているが、キャッサバ粉が手に入りにくいため、小麦粉で代用する場合が多いようだ。しかし、ブラジル人に言わせると「言語同断!」なんだそう。

コヘアドラゴ大使は「ポン・デ・ケージョのファストフード店があれば、1週間毎日でも食べるよ」とキャッサバ芋への愛着ぶりを披露する。

「タピオカ」はキャッサバ粉をそのまま小ぶりのフライパンに広げて焼く

さて、ブラジルで「タピオカ」という料理名にもなっているのは、フランスのクレープによく似た料理。キャッサバ芋のでんぷんを粉にしたものを、油をひかずにそのまま焼き、焼き上がった白い生地に好きな食材をはさんで食べる。

クレープよりは小ぶりで直径15センチメートルくらい。もちもちっとした食感がクレープとも異なる。クレープやパンケーキのように、粉を水に溶いて、それを焼くのではないところがユニークだ。ただ、塩味であるチーズを挟めば食事になるし、甘味であるココナツの果肉をほぐしたものやコンデンスミルクを挟めばお菓子になるという点はクレープと同じだろう。

「タピオカ」はクレープと同様、食事にもデザートにもなる
メールマガジン登録
大人のレストランガイド