WOMAN SMART

ファッション

パーティーバッグは持ち方が命 印象操るテクニック 宮田理江のおしゃれレッスン

2017/6/7

 ハンドバッグやクラッチバッグは見た目の「形」が話題になりがちですが、実は「持ち方」も見逃せません。おしゃれ上手な人は同じバッグでもさりげなく持ち方を変えて、表情を変化させています。パリの老舗ブランド「Dior(ディオール)」が東京・銀座で開催した、2017年春夏 オートクチュール コレクションのショーには日本を代表するファッションモデルが集まり、さすがのバッグ使いを披露しました。

■クラッチバッグでレディームード

水原希子さん
松島花さん

 華やいだ場面でのスタンダードといえるクラッチバッグですが、持ち方次第で着こなしの雰囲気まで様変わりします。水原希子さんは四角いクラッチをチョイス。ミステリアスな図柄を隠さないように片手でホールドしています。端のあたりをつかんで、珍しい角張り感を引き出しています。

 割と厚みのあるクラッチを選んだのは、松島花さん。バッグの上のほうから両手の指先でつまむように持ち、特有の量感を印象づけています。バッグの厚みが指の細さを引き立てています。こういう「つまみ持ち」は今回のような上品系ドレスにマッチします。

■手を差し込んで軽快に

国木田彩良さん
秋元梢さん

 近ごろ人気が高まっている新顔バッグに、手を差し込んで持てるストラップやハンドループ付きのタイプがあります。ホールドの安定感が高まるのに加え、バッグと手が一体化したかのような軽快感が生まれます。国木田彩良さんは黒革のストラップに手を通し、小ぶりなバッグの底に指先を当てています。ストラップがまるで手首に巻いたアクセサリーのように見えます。

 秋元梢さんは真っ赤なバッグを選び、やはりストラップに手を通しています。服は白いスリーブレストップスに黒のクロップトパンツという、比較的コンパクトな装い。そこにバッグの赤が絶好の「差し色」効果を発揮。手を通せるタイプはボディーに重ねて携えやすいので、自然にビビッドカラーを着こなしに取り込めます。

WOMAN SMART新着記事

ALL CHANNEL