鹿にペンギン、恋する牛 ワイン彩る動物ラベルの魅力

ワインを買うとき、どうやって選ぶだろうか。店員のおすすめ? Webサイトや新聞・雑誌などで紹介されたワイン? 産地? いろいろと情報がある中で、ラベルも選ぶ要素の一つになるだろう。例えば以前「見て楽しい、飲んでおいしい 猫ラベルワイン7選」で紹介したのはラベルがかわいく、味もおいしいワインだった。同じおいしさだったらラベルがかわいいワインを飲みたいと思うのは筆者だけではないはずだ。

猫に限らず、動物のラベルにはついつい目が向いてしまうし、実際人気も高い。ワインの専門誌にも、動物ラベルの人気が高いと書かれていたくらいだ。

イオンリカー自由が丘店の店内

そこで、動物ラベルのワインを探しに、充実しているという噂のイオンリカーに足を運んだ。イオンリカー自由が丘店の三村英生店長におすすめしてもらったのが、以下の6種類の動物ワインだ。

最強コスパワイン、小鹿の「プダ」シリーズ

イオンで最強コスパワインとして大ヒットしているのが、チリワインの「プダ」シリーズだ。ラベルにあしらわれているのは、チリの南の森に生息する世界最小の鹿プダ(プードゥー)。チリを象徴する動物である。ちょっとアンニュイな表情がかわいい。680円(税抜き、以下同)のシリーズは白赤各3種類と全部で6種類あり、気分に合わせて選べるのも楽しいし、何種類か組み合わせて大人買いできるリーズナブルな価格も魅力だ。

淡いゴールドに輝くシャルドネ種の白ワインは、桃やアプリコット、トロピカルフルーツの果実が口のなかではじける陽気な味わい。ほどよいボリュームがありつつ、酸味がしっかりしているので、飲み疲れせずさわやかな印象だ。ちょっと冷やして飲むと、よりひきしまった味わいが楽しめる。前菜からグリルした鶏肉まで、食事との相性もいいそうだ。

▼プダ シャルドネ : 680円
※スクリューキャップ式

一番人気の「プダ カベルネ・ソーヴィニヨン」には、カシスや杉の木、鉛筆の芯の香りがはっきりと感じられ、チリのカベルネ・ソーヴィニヨン、通称「チリカベ」好きは「あー、これこれこの香り!」と膝を打つに違いない。ラベルに「ミディアムボディ」と表示されているように、チリカベにしては重すぎずバランスがいいのがポイント。渋くて重いワインが苦手な人にもおすすめできる最強コスパワインだ。

プダ シャルドネ
プダ カベルネ ソーヴィニヨン

▼プダ カベルネ ソーヴィニヨン:  680円
※スクリューキャップ式

ずらりと並ぶ「プダ」シリーズのなかで、ひときわラベルに高級感があり心ひかれたのが、最上級レンジの「グラン・レゼルヴァ アセンブラージュ」。「全国では500~800円程度の価格帯が人気ですが、都内の店舗では1000円台のワインが人気です」と三村店長がいうように、自由が丘店でも人気が高いワインのひとつだ。

注目記事
次のページ
1000円以下の安うまピノ・ノワール、リトル・ペンギン