ノートPCでも自分演出 仕事に性能十分な個性派8選

S13は、ボディーにマグネシウム合金を採用しつつ、底面は高強度樹脂を採用することで強度を高めた。断面が六角形状に形づくられた「Hexa-shell(ヘキサシェル)」デザインも特徴的であり、これによって、デザインを損なわずに耐久性を高めている。3つのUSBポート、HDMI、アナログRGBなど外部接続が充実しているのも、ビジネス用途として打ち出している同製品の長所だろう。

FUJITSU LIFEBOOK UH75/B1/世界最軽量の13.3型

“個性派”を狙うなら一際目立つであろうサテンレッドも良いが、ビジネスなどでは、どんなシーンにも合うピクトブラックが無難かも。幅309×奥行き212.5×高さ15.5mm(突起部含まず)、約761g。直販価格20万4984円(税込み、送料無料、LIFEBOOK UH75/B1の場合)

富士通のLIFEBOOK UHシリーズは、13.3インチ液晶を搭載した超軽量ノートPCだ。仕様の差でUH90/B1、UH75/BIと、カスタムメイドモデルのWU2/B1の3種類がある。

マグネシウムリチウム合金素材をボディーに採用し、シリーズ中最も軽いUH75/B1は13.3型ワイド液晶搭載ノートPCとして世界最軽量を達成している。部品1つひとつにまで重さにこだわり、実現した重量はわずか761g(※平均値のため製品ごとに異なる場合あり)。実際手に取るとその軽さに驚くだろう。UH75/B1のバッテリーとSSDの容量を倍増したモデルがUH90/B1で、重量は増えるが、バッテリー駆動時間が17時間と、圧倒的な長さを実現する。

カラーリングは、鮮やかで美しさをもたせつつも、わざとらしい派手さを感じさせないサテンレッドと、傷や汚れが目立ちにくいコーティングが施してあるピクトブラックの2種類(UH90/B1はピクトブラックのみ)。

ThinkPad X1 Carbon/使いやすい大画面

目を引くようなインパクトはないが、無駄のないデザイン性と、狭額縁化によりコンパクトになった最新モデルは多くの人に受け入れられるはず。幅323.5×奥行き217.1×高さ15.95、重量:約1.13kg~。直販価格14万3996円(税込み、送料無料)~

伝統的に堅牢(けんろう)性や拡張性の高さで知られるThinkPadシリーズの中で、薄さを極めたモデルがX1 Carbonだ。ThinkPadシリーズ自体は、業務用PCとして広く普及しているが、今回あえて取り上げるのは、17年モデルから、これまでなかったシルバーモデルが新たに追加されたからである。

モバイルノートの中では大きめの14.0インチ画面を搭載しつつ、「Carbon」という製品名にもなっている炭素系素材を採用した強靱(きょうじん)かつ軽量なボディーを実現、左右に充実したインターフェースを備えるほか純正ドッキングステーションなど周辺機器も充実している。17年モデルでは大幅な改良が加えられ、画面サイズはそのままに従来モデルより10%の小型化を実現、またLTE通信機能の搭載が可能となった。

Lenovo Yoga 910/高級感のある2 in 1■

レノボ独自の「ウォッチバンドヒンジ」がさらなる洗練度を引き出す。シャンパンゴールドのカラーは男性にも女性にも使いやすい。幅323×奥行き224.5×高さ14.3mm、約1.38kg~。直販価格12万8898円(税込み、送料無料)~

LenovoのYogaシリーズは、独自開発のヒンジ(ちょうつがい)によりディスプレー部を360度回転させることが可能な独自形態を特徴とするシリーズ。ノートスタイルやタブレットスタイルのほか、画面とキーボード部を支えに「逆V字」型として自立させ映像の視聴などに適した「テントスタイル」など、自由なスタイルを実現する。

シリーズの中で、最大の大画面13.9インチのディスプレーを搭載したモデルがYoga 910。従来モデルと同等のきょう体サイズのまま、狭額縁化により大画面化を実現している。カラーはプラチナシルバーとシャンパンゴールドの2色を取りそろえている。

LG gram/独自開発素材で軽量化

デザイン面で評価を得た初代機種の系譜を受け継ぎ、最新モデルも洗練されたデザインが魅力的だ。幅305.9×奥行き211.8×高さ15.5mm、約840g。実勢価格11万50円(税込み、LG gram 13Z970-ER33Jの場合)

PCメーカーというイメージがない人がいるかもしれないが、韓国のLGエレクトロニクスも興味深い機種を出している。それが16年に初めて発売されたLG gramシリーズだ。当初は15.6インチの1機種だけだったが、17年から、13.3インチ、14.0インチもラインアップに追加された。13.3インチのモデルは、凹凸などが少ないシンプルで洗練されたデザインとわずか840gの超軽量を特徴とする。

ボディーフレームにはLGが開発したという最先端素材のナノカーボンとマグネシウム合金が使用されており、これが超軽量と外部からの耐衝撃性を両立させている。1時間の充電で最大6時間の駆動時間が得られる高速充電も持ち出しPCとして有利である。

※価格は2017年6月6日に各社の直販サイトで確認した。LG gramのみ、家電量販店のネットショップで確認

(文 ノーバジェット)

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧