WOMAN SMART

キャリア

ストレスが一瞬で消える 感情を切り替えるテクニック “もったいない”脱出の仕事術

2017/5/30

(写真:Tia Haygood)

 コミュニケーションコーチの岩田ヘレンです。実は先月、仕事への問い合わせが突然増えて、とても驚きました。先月のコラム「ビジネス目標がプレッシャーに 疲弊しない方法は?」でも書いたように、売り上げの数値目標を初めてつくり、それにフォーカスしたために、いろいろな意味で大変な月だったのです。しかし、プレッシャーになる目標を自分に課するのはやめて、人をサポートすることに集中し、それによって得られた収入に対して感謝することが重要だと考え直したら、なんと仕事が次々に入ってきたのです。

 たぶんこれも、エネルギーと関係があると思います。自分がプレッシャーを感じてネガティブなエネルギーを発していると周囲にもそれが伝わるし、ポジティブに切り替わるとポジティブなエネルギーをもっと引き寄せてくるということでしょう。

■ネガティブになる理由の傾向、そして対策

 先月は、ネガティブな心のエネルギーをポジティブにどうやって変えるかということを考えていました。そして、ネガティブからポジティブへの切り替えに成功したことが何度かありました。それらを観察して、自分がどのような理由からネガティブになりやすいのかという傾向も分かりました。

 例えばあるとき、コンタクトレンズの度が合わなくなってきたので、新しいコンタクトが欲しいと思い、眼鏡店やコンタクトレンズ専門店、眼科医を探し回りました。やっと検査をしてくれる眼科医を見つけて検査をし、1時間半も待たされたあげく、「ここには最適なコンタクトがないからほかのところに行ってください」といわれたのです。眼科医にたどり着くまでに1時間半もかかっていて、さらに1時間半も待たされたのにコンタクトが入手できないというのです。私は時間を無駄にされることが大嫌いなので、ものすごく頭にきました。

 その後、少し気を落ち着けようとして持っていた本を開くと「イライラしたりネガティブになっているときは、感謝すべきことは何かについて考えればよい」という言葉が目に入りました。眼科医が私の時間を無駄にしたと思ったけれど、最適ではないコンタクトを薦めようとはしない良心的な医師だったのかもしれません。それは感謝すべきことかもしれないと考えて、ネガティブな気持ちを切り替えることができました。

 別のとき、家族と一緒にレストランに行きました。夫と娘と私が日本語で話をしていたら、お店の人がいきなり英語で私に話しかけてきました。ときどきこうしたことがあるのですが、特に疲れていたりすると、イライラしてしまうことがあります。私は既に日本語で話しているのになぜ英語でしゃべらないといけないのかと思い、日本語が分からないのだろうとバカにされているような気持ちになるのです。

 でも、話しかける人にはもちろん悪意はなく、英語で話すのがよいことだと思っているのは分かります。そのときはすぐにそう気づき、お店を出るときにその人の目を見ながら笑顔で「ごちそうさまでした!」と感謝をこめて日本語で言いました。それでポジティブな気持ちに切り替えることができました。

 私の場合、自分の時間を無駄にされたとか、ちょっとバカにされたと感じたときにネガティブになる傾向がありますが、だいたい、過去に似たような経験をしたときと同じように反応していることが多いようです。こうして自分をできるだけ客観的に見るようにすると、何だか面白くなってきますし、気持ちを早めに切り替えられるようになります。

■気持ちを切り替える30日間のチャレンジ

 ネガティブなエネルギーをポジティブに切り替えるための、非常に簡単で面白いテクニックがあります。『Excuse Me, Your Life Is Waiting』(Lynn Grabhorn著)に紹介されている「30日間チャレンジ」というものです。この本にはオーディオブックもあり、私はとても気に入って3回目を聴いているところです。この「30日間チャレンジ」をもとに、自分でも実行してみることにしました。

 まずはステップ1。毎日(なるべくなら、その日の朝)1つだけ、自分の「いいところ(評価できるところ)」を考えます。例えば、私はこれを実行しはじめて今日で5日目ですが、今朝は「私はコミュニケーションについてたくさんのことを知っている」というものを考えました。

WOMAN SMART新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL