グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

dressing

冷凍レモンで作る爽やかドリンク ポイントは皮の苦み

2017/5/29

 夏のドリンクは「冷凍レモン」を使って作るのがオススメだ。ゴールデンウイークも終わり、気づけば夏も目前 。暑さが増してくるにつれ、すっきり爽やかなドリンクが飲みたくなるのではないだろうか。そんなときにオススメなのが、キンキンに凍らせた「冷凍レモン」を削って作るドリンクだ。

Summary
1.「冷凍レモン」を活用した、夏の絶品ドリンクレシピ3選
2.皮ごと削って入れれば、爽やかな味わいとほどよい苦みがクセになる味わいに
3.氷代わりに冷凍レモンを使えばいつでもキンキン! ストックしておくと便利

 レモンの皮を削ってドリンクに入れれば、爽やかな香りとほどよい苦みが加わり、夏にぴったりな味わいに。凍った果肉を氷替わりに使えば、味も薄まることなく、常にキンキンの状態を保てる。いつ飲んでもおいしい、まさに究極のレモンドリンクだ。

■冷凍レモンの作り方

冷凍レモンの作り方はとっても簡単

 レモン1個を8分の1のくし切りにし、密封袋に入れて冷凍庫で凍らせるだけ。冷凍庫にストックしてしておけば、いつでも好きなときにドリンクを作ることができる。

 レモンは冬場が旬のため、夏場になると国産のものが手に入りにくくなる。夏に向け、冬の間に、冷凍レモンを作っておくといいだろう。

 それでは、さっそくレシピを見ていこう。

■自家製レモンサワー

 冷凍レモンの皮をすりおろして入れた点がポイント。皮を入れることで、ひと口飲めばレモンの酸味とともに爽やかな香りが鼻に抜けていく。

 すりおろした皮は、ドリンクのベースとして混ぜ入れるだけではなく、トッピングとして最後にのせ、混ぜながら飲むのがオススメ。混ざり具合によって味の変化を楽しめるので、最後まで飽きずに楽しめる。

<材料(1人分)>
・冷凍レモン … 4~6かけ
・レモン果汁 … 大さじ1
・焼酎 … 大さじ4
・炭酸水 … 100ミリリットル

 <作り方(調理時間:5分)>

(1)冷凍レモン(2かけ分)の皮をすりおろす。

(2)グラスに(1)の皮をすりおろした後に残った果肉と皮つきの冷凍レモン(2~4かけ)もさらに加え、焼酎、炭酸水を入れたら優しく混ぜ、その上にすりおろした皮をのせる。

■自家製リモンチェッロカクテル

 レモンのリキュール「リモンチェッロ」が加わることでできる「ほんのり黄色」がポイント。

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL