カンヌに登場した3つの「怪物」 世界の不安を映すカンヌ国際映画祭リポート2017(2)

ポン・ジュノ監督『オクジャ』
ポン・ジュノ監督『オクジャ』

ポン・ジュノ監督『オクジャ』が19日、コンペで上映された。韓国の山奥の農家で飼われている架空の巨大ブタ、オクジャの物語である。どのくらい大きいかというと、ウシやカバよりずっと大きい。ゾウくらいはある。

祖父と2人暮らしの14歳の少女ミジャ(アン・ソヒョン)が4歳のころからずっと世話をしてきた。一緒に山を歩き回り、柿の木にぶつかって実を落として食べたり、渓谷にざぶんと飛び込んで魚を捕ったり。夜はミジャと一緒に眠る。

オクジャがミジャの家で育てられたのは、ある多国籍企業のプロジェクトのためだ。自然環境の重視をアピールする同社は、チリで発見されたという新種の巨大ブタの肥育を世界各国の農家に依頼した。それらを10年後にニューヨークに集め、コンテストを開く。人口爆発と食糧危機に対処する切り札というわけだ。最高経営責任者のルーシー(ティルダ・スウィントン)による記者発表は芝居がかっていて、狂気さえにじむ。

テレビクルーと共に韓国の山奥までやってきた博士(ジェイク・ギレンホール)はオクジャの巨体に驚く。連れて行かれるオクジャ。止めようとするミジャ。過激な動物愛護団体も加わって、オクジャを巡る激しい争奪戦が、ソウルで、ニューヨークで、繰り広げられる。そして隠された多国籍企業のたくらみが明らかになる……。

『グエムル/漢江の怪物』のポン・ジュノらしい巨大生物のドラマだ。アクション映画であり、SFであり、少女と動物の愛の物語でもある。巨大企業の陰謀を告発する社会批判の側面もある。

記者会見するポン・ジュノ監督(中央)。右はティルダ・スウィントン、左はアン・ソヒョン

ポンは記者会見で宮崎駿作品の影響について聞かれた。「宮崎監督を尊敬している。彼は自然や暮らしを描きながら、その影の部分も描いている。『オクジャ』も自然や暮らしを描きながら、現代の資本主義を描いている」とポン。同じく宮崎を敬愛しているというティルダ・スウィントンも「資本主義には人間を幸福にする面の一方で、ダークな面もある。オクジャという動物は資本主義の時代の苦難を象徴している」と語った。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧