賀来賢人、古着アロハにハマって40枚 お国柄に感心

賀来賢人さんがハワイで購入したという古着のアロハシャツ。「古着なので、そんなに高くないのも魅力」という
賀来賢人さんがハワイで購入したという古着のアロハシャツ。「古着なので、そんなに高くないのも魅力」という

『花子とアン』や『花燃ゆ』などのドラマや映画で人気を博し、2017年はドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』でのコミカルな演技に注目が集まった賀来賢人さん。27歳の賀来さんが「集めている好きなもの」として持ってきたのは、古着のアロハシャツだった。

ルーツやストーリーが感じられる古着アロハが好き

「アロハシャツって、ちょっとチンピラっぽいというか、おじさんくさいというか(笑)。日本人が普通に着るイメージがあまりなかったんですけど、ハワイに行った時、現地の人がさりげなく着ているのを見て、カッコよく見えたんです。それで着てみたら、すごくラクだし、『夏だな!』という気分になれて(笑)。そこから好きになって、この3~4年で40枚くらい集めました。

アロハは、国によって柄が全然違うところも面白いんです。だから『これはハワイで買った』『こっちはニューカレドニア』というふうに、旅とともに思い出せる。ご当地Tシャツじゃないですけど、そういう魅力もあります。

「南の島に行くようになったのは、仕事がきっかけでダイビングを始めてから。ハワイ、ニューカレドニア島……南国に行くたびにアロハを買って帰ります」

あと、僕が買うのは基本的に古着なので、雑に扱ってもいいっていうのも魅力です。なぜ古着かというと……僕、新品の洋服だと『汚しちゃいけない』と思っちゃうんですよ。でも古着だと最初から汚れてるんで、『べつにどうなってもいいや』って思える(笑)。アロハ以外も、ほとんどの服が古いものです。

MONO TRENDY連載記事一覧