1日1万歩で電気料1000円引き 歩いて得なサービス

日経トレンディ

PIXTA
PIXTA
日経トレンディ

「歩いて健康になる」は当たり前。最近はそれに加え、「歩いて得できる」サービスが次々と出てきている。

歩数で電気料金が割引に

なかでもユニークなのが、「あるく・おトク・でんき」[注1]。歩くと月々の電気代が安くなるという前代未聞の料金プランだ。運営するのは新電力のイーレックス・スパーク・マーケティング。健康機器メーカーのタニタとタッグを組んで、2016年10月から提供を始めた。

申し込むとタニタ製の活動量計が届き(2017年6月末までのキャンペーン)、同社の健康管理サービス「からだカルテ」(通常の利用料金は6カ月2000円)が無料で使える。このサービスに蓄積した日々の歩数を基に、電気料金が割り引かれる。

割引額の算出方法はポイント制でやや複雑だ。1日1000歩から「歩数ポイント」がたまり、1日の歩数が増えるとボーナスポイントが付く。これに加えて、2日以上継続して計測すると付与される「継続ポイント」や、からだカルテへのデータ送信回数に応じて付与される「送信ポイント」などもある。

MONO TRENDY連載記事一覧