欅坂46 メンバーの素を引き出す、冠バラエティー番組

日経エンタテインメント!

欅坂46のメンバー1人ひとりの個性を見出して、ファンへ浸透させる役割を果たしているのが、冠バラエティー番組だ。『欅って、書けない?』(テレ東系)が放映中。『KEYABINGO!2』が2017年3月末まで放映されていた。

15年10月に初の冠番組としてスタートした『欅って、書けない?』は、乃木坂46の初冠番組『乃木坂って、どこ?』(現在はリニューアルして『乃木坂工事中』)と同じスタッフが手がけ、同様にデビュー前からスタート。欅坂46が所属するソニー・ミュージックレーベルズが制作する、いわば公式番組であることから、シングルの選抜メンバーやフォーメーションなど、グループに関するオフィシャルな決定事項の発表の場にもなっている。

握手会での会話の糸口に

『欅って、書けない?』 しゃべらないキャラクターが定着している渡辺梨加(右)だか、「レボリューション」は、けやき坂46の東村芽依(左)に見本を見せるなど、すっかり持ちネタに(日曜深夜24時35分/テレ東系)

番組プロデューサーのケイマックス・長尾真氏は「それぞれのメンバーが持っている可能性を見つけて、世の中の多くの方たちに伝えることが番組のコンセプト。番組を通じてメンバーの取扱説明書が出来上がって、握手会に行くファンがメンバーとの会話のきっかけのヒントになればいい」と話す。

普段は無口なのに、お笑い芸人ゴー☆ジャスの「君のハートにレボリューション!」をまねるときだけは堂々とする渡辺梨加、チーム対抗の運動会で負けて号泣する、負けず嫌いな守屋茜、初めてチャレンジするときに「大丈夫です」と根拠なき自信に満ちあふれた表情で答える今泉佑唯など、『欅って、書けない?』発で定着したキャラクターは多数ある。

長尾氏は、当初乃木坂46の冠番組と同様のフォーマットで番組を作ろうと考えたが、「初めて欅坂46のメンバーと会ったときの印象は、とにかくしゃべらなかった」と笑う。おとなしいメンバーの個性を引き出すためにMCに抜てきされたのは、AKB48関連番組の司会も手がけアイドルに詳しい土田晃之と、アイドル番組のMCは初めてのハライチ・澤部佑の2人。土田はバラエティー番組でのトークに慣れていないメンバーの会話のきっかけを作り、澤部はファンと同じ目線で少しずつメンバーに興味を抱いていくという役割分担だという。

長尾氏は、番組での活躍が印象的なメンバーとして、2017年1月からキャプテンを務める菅井友香、新曲『不協和音』で初のフロントに抜てきされた織田奈那らの名前を挙げる。「番組で菅井さんが乗馬をしている様子や、豪華な別荘の写真をオンエアすることで、本当のお嬢様だということが伝わってきた。普段はおっとりしていますが、メンバーが1人でも早口言葉を失敗してはいけないという連帯ゲームの時に、キャプテンとしての責任感の強さを感じさせたのが印象的でした。織田奈那さんは、当初メンバーの口数が少なかったときから、唯一積極的にしゃべってくれた。MCの2人も彼女の存在に何度も助けられたと言っていますね」。

エンタメ!連載記事一覧