AIがシンクロ演技を判定したら 技術点は人より正確対談・スポーツとAIの未来を探る(上)

スポーツイノベイターズOnline

久木留 例えばですが、どういうシーンで観客の拍手が大きくなったか、どの時間帯でどういう演技をしたら観客がどう反応したか、などをデータとして蓄積して分析すればAIに落とし込めるかもしれません。

芸術的な要素ではないですが、日本スポーツアナリスト協会が昨年12月に開いたイベント「SAJ2016」では、女子バレーボール元日本代表の杉山祥子さんの「Cクイック」という速攻系スパイクを、AIを活用して後世に残していくという話が出ました。このようなスポーツ界のレジェンドの技は、いわゆる暗黙知で、数値化はされていません。

左から久木留毅氏、田中ウルヴェ京氏、神武直彦氏

でも、トップアスリートの技はデータを取っていくと平均から外れた値になります。こうしたデータばかりを集めていけば、AI化は可能かもしれません。

五輪に出場するアスリートは「究極の存在」です。100m走で10秒を切れる人や棒高跳びで6mを超えるジャンプができる人はめったにいません。その人たちとAIをうまく結び付けることができれば、ジュニアの時代に「あなたはこういう練習をすれば、こういう能力を身につけられる」など、指導に役立つAIを作れるかもしれません。

選手との交流、AIで円滑に

神武 データサイエンスの世界でいうと、データを「収集する」「処理する」「結果を伝える」の部分、つまりセンサーが良質なインプットをし、優れたアルゴリズムによって処理をし、適切なタイミングで選手にそれをアウトプットして伝えることができれば、日本ならではのスポーツAIができると思います。

久木留 選手の指導においては、コーチが直接話してもうまくいかないことがあります。そんな時、コーチが自分のことをインプットしたAIがあるといいですね。例えば、AIに対して「今、自分が選手に教えていいか」と聞くと「ちょっと待て」という答えが返ってくる。その場合は、選手がシャワールームにいるときに、目の前のディスプレーに映像が出てAIが選手に気づきを与える。そんな使い方があるかもしれません。

田中 それ、いいですね。自分と違う思考グセのAIを複数作っておけば、多様な考え方に基づいて選手を育成できそうです。「叱咤(しった)激励コーチ」「冷静沈着コーチ」とかを、状況によって使い分けたり……。

久木留  朝、選手がトレーニングセンターに到着した時、「いつもより早く来ているから今日は強度を上げて」とか、「遅く来て疲れていそうだから軽めで」など、選手のコンディションを判断してAIが練習メニューを調整してくれるといいですね。

神武 今、私が関係している大学のスポーツチームでは、食事、睡眠、フィジカルについてデータを記録・分析し、それによって練習メニューを変えています。このスポーツチームの場合、その大学にはほとんどスポーツ推薦枠がないので、いかにケガをさせないかも重要な点だからです。

現在はこうした選手管理をスペシャリストがやっていますが、その知見の継承は課題になっています。これをAIに落とし込んでより汎用化できれば、例えばジュニア選手の指導などにも応用できるかもしれず、そのような取り組みも進めています。

(次回に続く)

神武直彦
慶応大学SDM研究科准教授・JSCハイパフォーマンス戦略部アドバイザー。慶応大大学院理工学研究科修了後、宇宙開発事業団(現在の宇宙航空研究開発機構)入社。H-IIAロケットの研究開発と打ち上げ、人工衛星および宇宙ステーションに関する国際連携プロジェクトに従事。2009年度より慶応大准教授。2013年11月にSDM研究所スポーツシステムデザイン・マネジメントラボ設立・代表就任。2016年6月より日本スポーツ振興センターハイパフォーマンスセンター・ハイパフォーマンス戦略部マネージャー。2017年4月より日本スポーツ振興センター・ハイパフォーマンス戦略部アドバイザー。アジア工科大学院招へい准教授。博士(政策・メディア)。
久木留毅
日本スポーツ振興センター ハイパフォーマンス戦略部長、国立スポーツ科学センター副センター長/専修大学 教授。筑波大学大学院体育研究科修了(体育学修士)(スポーツ医学博士)、法政大学大学院政策科学専攻修了(政策科学修士)、英国ラフバラ大学客員研究員。日本レスリング協会特定理事、元ナショナルチームコーチ、テクニカルディレクター等を歴任。2015年10月1日より、文部科学省および経済産業省のクロスアポイント制度にて日本スポーツ振興センターに在籍出向中。
田中ウルヴェ京
日本スポーツ心理学会認定メンタルトレーニング上級指導士。IOC認定アスリートキャリアトレーナー。1988年にソウル五輪シンクロ・デュエットで銅メダル獲得。10年間の日米仏の代表チームコーチ業とともに、6年半の米国大学院留学で修士取得。様々な大学で客員教授として教べんをとるかたわら、慶応大学大学院SDM研究科博士課程に在学中。アスリートからビジネスパーソンなど広く一般にメンタルトレーニングを指導するとともに、報道番組でレギュラーコメンテーターを務める。

[スポーツイノベイターズOnline 2017年4月19日付の記事を再構成]