男の品格を高める 主張する「鞄」

GOETHE

■LEATHER BACKPACK

スポーティーラグジュアリーな大人のバックパックを吟味

ここ数シーズンのバッグトレンドの筆頭がバックパック。軽快でスポーティーなスタイルは新鮮だが、子供っぽく見えがちでもある。大人らしく楽しむなら、上質なレザー製を選ぶのが正解だ。PCの収納スペースつきも増えており、吟味すればビジネスでも使えるはず。

BRUNELLO CUCINELLI  職人の手揉み加工でユーズド感を表現。膨大な手間と時間が生む美しさに侘び寂びをも感じる。H44×W28.5×D17cm。¥490,000(ブルネロ クチネリ/ブルネロ クチネリ ジャパン TEL:03-5276-8300)

BOSS  パルメラート加工を施したカーフレザーはハリのあるタフな風合い。無駄のない端正なデザインでスーツにも合う。H42×W31×D13cm。¥142,000(ボス/ヒューゴ ボス ジャパン TEL:03-5774-7670)

GLOBE-TROTTER  レザーコレクション「プロペラ」のバックパックは、どこかノスタルジックな雰囲気が魅力。H34×W32×D12cm。¥230,000(グローブ・トロッター/グローブ・トロッター 銀座 TEL:03-6161-1897)

ERMENEGILDO ZEGNA  マセラティとのコラボバックパック。さり気なくあしらわれたトライデントエンブレムが洒脱(しゃだつ)。H43×W30×D13cm。¥231,000(エルメネジルド ゼニア/ゼニア カスタマーサービス TEL:03-5114-5300)

BALLY  「ウルフソン」はダークグリーンとブラック、ホワイトのイールスキンを接(は)ぎ合わせた斬新な作り。機能性も高い設計だ。H42×W30×D15cm。¥364,000(バリー/バリー 銀座店 TEL:03-6264-5471)

FT BY FUJITAKA  大人のためのバックパックを目指した逸品。ナチュラルな風合いと高級感のある革は経年変化も楽しめる。H44×W28×D14cm。¥58,000(エフティーバイフジタカ/イケテイ ヴィラ TEL:03-3861-6276)

FURLA  今季登場の「イカロ」ラインのバックパック。ハンマー打ちで柔軟性を引き出した牛革は、軽やかで背負い心地も抜群だ。H40×W30×D16cm。¥103,000(フルラ/フルラ ジャパン フリーダイヤル:0120-951-673)

VALEXTRA  肌理が美しいソフト・カーフスキンを全面に使用。フロントのポーチ(別売り¥60,000)は着脱可能。H38×W33×D16.5cm。¥360,000(ヴァレクストラ/ヴァレクストラ・ジャパン TEL:03-3401-8017)

記事中の価格は税抜きです。

Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=隈田一郎, Capital Pictures/amanaimages, Photo12/amanaimages, Everett Collection/amanaimages Styling=久保コウヘイ

GOETHE

[GOETHE 2017年5月号の記事を再構成]

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash