見たら必ず欲しくなる 革財布のすごいイノベーション

「millefoglie」が売れ始めた2006年前後から、様々な日本人デザイナーによる、従来の財布とは違った新しい革財布が次々と登場する。例えば、「millefoglie」とほぼ同時期には発売されていた、cyproductの「カード&コインパース」、少し遅れて、rethinkの「Lim Wallet」、バリューイノベーションの「薄い財布」など、それぞれに個性的で、それぞれのアプローチで従来の財布を見直したアイデアと機能とデザイン性を併せ持つ革財布が次々と登場したのだ。

「カード&コインパースnakid」(cyproduct)はコインケースに似た外観だが、カードも収納できる(写真は「カード&コインパースnakid」)
クレジットカードの時代に即した、カードとコインの使い勝手に特化した財布。とにかく、コインの出し入れが楽なのだ。最小限の紙幣も収納可能で、これだけで財布として完結している

この革財布イノベーションともいえるブームが、日本で起こったのも特徴的だ。どうやら、革の本場であるヨーロッパでは、革製品が伝統工芸品であるが故に、徒弟関係がしっかりしていて、その技術やデザインを継承し、製品としての完成度を上げていく方向が定着しているようなのだ。つまり、革財布に、新しい機能を追加することはあっても、基本構造を抜本的に変えることには、かなりの抵抗があるらしい。それは、日本の革業界も事情は同じで、これまで、そういう製品は出てこなかった。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
身近に起きているすごいイノベーション
MONO TRENDY連載記事一覧