健康・医療

日経Goodayセレクト

初めてのボルダリング 登ることに慣れたら次の一手

日経Gooday

2017/5/19

基本の体勢のままでは、次のホールドに届かない。そんなときはどうすればいい?

 ボルダリングの基本の動き、それは、体を壁に対して正面に向けた体勢のまま、ホールド(壁についている大小様々な石)を「手→足→手→足」の順でつかんだり踏んだりしながら、はしごを登る要領で登っていくこと(「初めての『ボルダリング』 押さえるべきポイントは?」参照)。「初心者はこれを何度も繰り返して練習するうちに、筋力がついてきます」とプロクライマーの尾川とも子さんは話す。

 登ることに慣れてきたら、次は体をひねって、体の向きを変えることを覚えてみよう。「これができると、より遠くのホールドをつかみやすく、そして格段に登りやすくなります」(尾川さん)

■ホールドに手が届きそうにない場合は?

おなかの面と壁が向かい合っている基本の体勢のままでは、次のホールドに届かない。

 次のホールドが遠くにあり、おなかの面と壁が向かい合った体勢のままでは、普通に手を伸ばしても届きそうにない場合はどうしたらいいだろう。

 まず試したいのは、「右手を出すときは右足を上げ、左手を出すときは左足を上げる」という基本の動き。例えば右手が届かないときは、右足を上げてみる。そうすることで、おなかの面と壁が向かい合った体勢のまま解決する(次のホールドに手が届く)ことは結構ある。

 しかし、それだけでは届かない位置にホールドがある場合、もしくは、片手をうまく離すことができずに次の一手が出せない場合などはどうしたらいいだろう……。

 そんなときは、おなかと壁が向かい合わせ(平行)になった状態から脱却して、おなかの面と壁面が垂直になるように体を90度ひねってみよう。

「まず足を移動→体をひねる→次のホールドに向かって手を伸ばす」の順で体を動かす。写真1のような場合、右手を伸ばすので、まず両足を頭から真下に延びる中心線より左側に移動させたうえで、お腹が左を向くように体をひねって、手を伸ばす。伸ばさない方の手はホールドの傾きに対して垂直の方向に力が働くように持ち、ホールドの傾きとお腹の傾きが平行になるようにすると安定する

 その際、右手を出したいときは、まず足を頭から真下に延びた中心線より左側に移動させたうえで、左におなかが向くよう右肩を壁に近づけて体をひねる(写真2を参照)。左手を出したいときは、足を体の中心線より右側に移動させた後、右におなかが向くよう左肩を壁に近づけて体をひねる。

 ちなみにこれは、今持っているホールドが右斜め上か左斜め上から持つタイプのホールドの場合の(つまり、アンダーやサイドでない場合の)体のひねり方だ。ホールドの傾きに合わせて体を傾ける必要があり、ひねった後におなかが向く側に両足を動かしていかないとバランスが悪くなるため、あらかじめ足を動かす必要がある。

 まとめると、「まず足を移動→体をひねる→次のホールドに向かって手を伸ばす」の順になる。

 また、下の手(出さない方の手)はホールドを最も力が働く方向につかみ[注1]、ホールドの傾きとおなかの傾きが平行になるようにすること(ホールドの手で持てる場所が10時の位置の場合、おへそも10時の方向に向くようにするといい)。そうすると体が安定し、片手を離して次の一手を出せるようなる。

 体をひねることでなぜ手が届くようになるかというと、おなかと壁が向かい合っているときより体と壁との隙間が埋められ、その分リーチが伸びるためだ。

[注1]ホールドといっても形も向きも実にいろいろで、ホールドの持ち方で「最も力が働く方向」が決まる。例えば、上からホールドを持てる場合は「真下の方向」に、左手でホールドの左上の辺(例えば10時の場所)を持てる場合は「右斜め下の方向」(4時の方向)に力が働く。

健康・医療

ALL CHANNEL