オリパラ

紙面から

スケボー、手すりの上も軽々 五輪照準に日本選手権

2017/5/11 日本経済新聞 朝刊

第1回日本スケートボード選手権大会で優勝した池田大亮選手(23日、東京都足立区)

 スポーツクライミング、サーフィンとともに「若者への人気」を理由に新種目となったスケートボード。4月23日には東京都内で初めて日本選手権が開催され、集まった約300人の観客は斜面や階段の置かれたコースでトリック(技)が成功するたび大きな歓声を上げた。

 10代を中心に男女約60人が出場。ユニホームはなく、Tシャツに長ズボン、スニーカーが“勝負服”だ。音楽とMCが場内の雰囲気を盛り上げた。

 スケートボードの主戦場は海外賞金大会。一部の有力選手は今大会を欠場した。五輪のメダルが最終目標という選手ばかりではない。それでも日本ローラースポーツ連盟は「ここが五輪への第一歩。毎年開催して選手強化につなげたい」と話した。

[日本経済新聞朝刊2017年5月11日付]

オリパラ新着記事

ALL CHANNEL