マツダ流「高齢者こそギリギリまで運転を」の本気度は

安全技術に関する説明会を開いたマツダ。そこで発表された方針は「高齢者こそギリギリまで運転を楽しんでいただきたい」という大胆な提案だった
安全技術に関する説明会を開いたマツダ。そこで発表された方針は「高齢者こそギリギリまで運転を楽しんでいただきたい」という大胆な提案だった

他メーカーに先駆け、国内で販売するほとんどの新世代商品に対して先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を年内に標準装備することを発表したマツダ。だが、同社はその後に行った安全技術試乗会でさらなるユニークな方針を発表。それは「高齢者こそギリギリまで運転を楽しんでいただきたい」という大胆な提案だ。高齢者の事故と免許返上が叫ばれる今、その真意を、先進安全技術を担当する統合制御システム開発本部電子開発部の池田利文部長にたずねてみた。

死ぬギリギリまで運転できるのが理想?

小沢 最近のマツダって本当に面白いですよね。i-ACTIVSENCEの全車ほぼ標準装備化もそうですが、安全に対するアプローチが全く違う。まず今はやりの自動運転ですけど、「機械中心に考え、なるべくそちらに任せる」ルート1と「人中心に考え、ギリギリまで人に運転させる」ルート2があって、マツダは後者を選ぶと先ほどハッキリおっしゃいました。これって他社と全然違いますよね。

池田 ハハハ、そうでしょうか(笑)。

小沢 どのメーカーも自動運転に対して積極的でイケイケになっている今、非常に珍しい。もちろん自動運転が単なる新技術という以上に、大きな新産業になるだろうというもくろみがあるからですが、僕自身、将来自動運転がガンガン進化して定着するだろうと頭で予想しつつも、心のどこかで疑っている部分があるんです。

池田 マツダはルート2、つまり普段なるべくドライバーが運転し、裏側で常に黒子のように自動運転技術が動いていてドライバーに何かがあったときに助けるという方向。それが「コ・パイロット(副操縦士)コンセプト」です。

マツダが推進するのは完全自動運転ではなく「コ・パイロット(副操縦士)コンセプト」というドライバーに何かが起きたときに助ける技術

小沢 実は以前、マツダの藤原清志専務に話をうかがったときにも同様のことをおっしゃっていて。「死ぬギリギリまで安全に運転できるのがわれわれの理想」で、「危ないとなったときに、自動的に安全な路肩なり駐車場に止まれるクルマを作りたい」と。具体的に言うと、ご自身のお母様の運転免許を取り上げたことを、「かえって老いがグワッと進んでしまった」とすごく後悔してらしたんですね。それってすごくよく分かるんですけど、今の高齢者の免許返上の方針と真逆だと思うんです。

MONO TRENDY連載記事一覧