グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

dressing

秘書が選んだラムレーズンスイーツ ケーキも和菓子も 賢人セレクション

2017/5/8

 ちょっと大人な味わいが魅力で、ファンも多いラムレーズン。ふわっと広がる芳醇な香りと深みのある味わいが、リッチな気分にさせてくれるのも愛される理由だ。

 ここでは、定番からユニークなオリジナル商品まで、手土産のプロ・現役秘書がおすすめするラムレーズンスイーツをご紹介。ラムレーズン好きならすべて味わってみたいと思う、魅力的なスイーツばかりをラインアップ。あなた好みの一品を探してみて!

■ずっしり肉厚なレーズンをたっぷりサンド レイズン・ウィッチ

噛むほどに豊かな香りが広がる

 洋酒にほどよく漬け込まれたレーズンと、生クリームに近い特製クリームがクッキーにサンドされた、元祖レイズン・ウィッチは「巴裡 小川軒」創業以来のオリジナル商品。

 バターと天然バニラが豊かに香るサクサクのクッキー、肉厚のレーズン、そして独自製法の特製クリーム。この3つの絶妙なバランスを30年以上かけて追求してきた自信作。たっぷりサンドされた肉厚のレーズンはやわらかく、噛むほどに豊かな香りが広がる。

 <現役秘書の声>

「レイズン・ウィッチはいろいろなお店が販売していますが、その中でもダントツの人気があります(メーカー製造業 秘書歴14年)」

「定番で有名な品なので、どのようなお客様にも安心してお渡しできます。上司からも、『手土産に困った時に重宝するね』と言われています(メーカー製造業 秘書歴16年)」
<商品情報>
巴裡 小川軒 「レイズン・ウィッチ」
 10個入リ 1,000円(税抜き)
URL:https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00000075/

■「ラムレーズン×あんこ」の意外な和洋コラボどら焼き ラムドラ

和洋コラボのどら焼き「ラムドラ」

 香り高くコク深い「マイヤーズ」のダークラムが染み込んだ自家製のラムレーズンにあんこを合わせた、和洋コラボのユニークなどら焼き。

 北海道産大納言小豆を煮立ててつくる自家製あんと、噛むほどに芳醇な香りが広がるラムレーズンを手焼きの薄皮でサンド。封を切ると、ふわっとラム酒の香りが漂い、まさに「オトナのどら焼き」。ラムレーズンファンなら一度は食べてみたい、和洋の垣根を越えたコラボスイーツ。

 <現役秘書の声>

「ラムドラという名前も良く、食べてみておいしく面白い品だと思います。しっとりした生地に、存在感のある小豆の粒あんがラムレーズンととてもマッチしています。時間が経ってから味わってもおいしい点もとても良いと思います(製造業 秘書歴14年)」

「ラムレーズンとあんこという組み合わせは初めて食べました。思った以上に一体感があってびっくりです。「オトナのどら焼き」というキャッチフレーズに納得です。お客様へのプレゼントのみならず社内イベントや社長室のお菓子としてもお出ししたいです。素晴らしいです!(卸・小売業 秘書歴8年)」
<商品情報>
株式会社梅月堂 「ラムドラ」
 12個入り 3,800円(税抜き)
URL:https://temiyage.gnavi.co.jp/item/00000310/

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL