売れ続けるポーター 防水&タフ車輪のソフトキャリー特集 機能で選ぶ最新キャリーケース 後編

移動が楽で荷物が取り出しやすいソフトタイプのキャリーケースはアウトドアでも人気
移動が楽で荷物が取り出しやすいソフトタイプのキャリーケースはアウトドアでも人気

キャリーケースは外装の素材の違いによるハードタイプとソフトタイプに大きく分けられる。旅行や出張ではハードタイプが支持を得ているが、ソフトケースは旅はもちろんのこと、キャンプなどの屋外レジャーで真価を発揮する。その理由を紹介するとともに、アウトドアシーンで活躍するソフトケースの注目作の魅力に迫る。

2輪で移動がラク&荷物が取り出しやすい

ソフトケースといっても種類はさまざまだが、共通する主な特徴に「2輪キャスター」が挙げられる。逆にハードケースは4輪の場合が多く、ケースを立てたまま動かせるというメリットがある。2輪と4輪のどちらも使ったことのある人は「4輪のほうが引きやすい」と思うかもしれないが、それは空港やビルなど整備された屋内での話。例えばヨーロッパの石畳のような屋外での移動は2輪のほうが引きやすい。その理由は、2輪タイプのほうがホイール径が大きいからだ。

2輪タイプは構造上、4輪よりもホイール径が大きな場合がほとんどで、地面とケースの間が大きいため段差を難なく越えられる。また、径が大きなぶん1回転で進む距離が長く、移動がスピーディーになる。

2輪のメリットはまだある。ケースを立てたまま移動できないが、裏を返せばケースを立てておけば動かないのだ。電車乗車時にケースが動いて気になったという経験は誰しもあるはず。4輪でもキャスターストッパー付きモデルもあるが、2輪だとはじめからそんな心配はない。

そしてソフトケースは荷物を取り出しやすいのも特徴。ハードケースとは違い、素材が柔らかいため開口部を手で広げることができたり、ケースを立てたまま開けられたりと、荷物の出し入れが容易なのだ。ソフトなゆえに外装にポケットが付いている場合も多く、収納のしやすさはハードケースを上回る。

このようなソフトケースのなかでも人気が高いのが、防水タイプや車輪が大きくてタフなモデル。旅行だけでなく、アウトドアシーンで活躍することから、キャンプ好きなどから選ばれているという。

「機能通り、悪天候やアウトドアシーンなどでも気にせずお使いいただける点が好評です。近年、ライフスタイルを充実させようという人が増えているため、こういった機能を持つソフトキャリーの人気が高まっているのではないでしょうか」(ゴールドウイン ザ・ノース・フェイスPR 鰐渕航氏)

そこで今回はソフトケースの注目作を3つ紹介する。いずれも防水仕様やタフ車輪モデルのため、移動が快適でアウトドアシーンでも大活躍。汎用性や使いやすさを考慮するなら、ケース自体が壊れる心配の少ないソフトケースにも目を向けてみてほしい。

ザ・ノース・フェイス/悪路をものともしないタフ車輪

ザ・ノース・フェイスの「Rolling Thunder 22」(3万2000円)

ザ・ノース・フェイスを代表するソフトキャリー。アウトドアブランドが手がけているだけあって、旅はもちろんアウトドアシーンで役立つ機能が満載だ。

MONO TRENDY連載記事一覧