声で照明操作、通販直結の冷蔵庫 驚く進化のIoT家電

日経トレンディ

日経トレンディ

あらゆるモノがインターネットにつながるIoT。その波は白物家電にも押し寄せている。今や珍しくなくなった外出先からの遠隔操作機能に加え、ここ数年は、スマホの位置情報やウェブ上の情報を活用する機能が登場。「2016年は白物家電のIoT元年」といわれている。

なかでも注目は、デロンギの「マルチダイナミックヒーター Wi-Fiモデル」。そのカギとなっているのが、アップルの「ホームキット」への対応だ。ホームキットはiPhoneから家電を一括管理できるアプリケーションで、スマホの位置情報と連係できるのが特徴。これにより「ヒーターから100m離れたらスイッチオフ、自分が駅に着いたらスイッチオン」といった設定が可能になった。「毎回ボタンを押さなくても自分の行動に合わせて家電が動いてくれるのは、新しい魅力」(家電コーディネーター・戸井田園子氏)。また、音声アシスタント機能Siriにも対応しており、オン・オフや温度調節が声で操作できるのも便利だ。

同じくホームキットに対応しているのが、フィリップスの照明器具「Philips Hue」。スマホと照明のリモコンをWi-Fiでつなぎ、光の色や時間帯によるオン・オフをコントロールする。こちらもSiriでの音声操作が可能だ。昨年12月にはIoT製品やウェブサービスを連係させるヤフーの「myThings」にも対応。これによりヤフーの天気情報に応じて照明の色を変えたり、最寄り駅への到着時に色を変えて家族に知らせるといったことが可能になった。

17年1月に米ラスベガスで開催された家電見本市「CES 2017」で話題を集めたのが、LGエレクトロニクスの冷蔵庫「Smart InstaView」だ。扉に設置された29型の大画面ディスプレイをノックすると中身が映し出され、さらにノックすると情報画面に切り替わる。アマゾンの音声アシスタント「Alexa」と連係しており、音声で食材を注文したり、買い物リストを作ったりと使い方は幅広い。発売時期は未定だが、「今後の市場の状況を鑑み、検討していきたい」(LGエレクトロニクス・ジャパン)という。

IoT家電の利便性をさらに高めるには、複数製品同士の連係が必要。ただ「国内メーカーはそれぞれが独自の仕様で開発を行う傾向があり、IoT化を阻んでいる一面もある」(戸井田氏)。まもなくAlexaという黒船がやってくる。「国内でも健康分野で複数メーカーが連携してサービスを開発する動きもあるように、ここ数年で状況は変わっていくだろう」(同氏)

国内メーカーでは、独自路線を生かしたユニークな製品が生まれている。AI(人工知能)の活用に力を入れるのがシャープだ。“IoTオーブンレンジ”「ヘルシオ AX-XW300」は、ユーザーの好みを学習してメニューを提案してくれる優れもの。「週末、何食べよう?」といった曖昧な質問にも、履歴や天気情報から候補を導き出す。シャープではAIの技術を生かし、こうした家電のハブとなる小型ロボット「ホームアシスタント」を今年前半にも発売する計画だ。

iPhoneなどアップル製品で制御、位置情報で動く機能を搭載

マルチダイナミックヒーター Wi-Fiモデル 
デロンギ・ジャパン 実勢価格9万6984円(Apple TV 第4世代 32GBセット・税込み) 
革新度★★★★★ 
使い勝手★★★★
マルチダイナミックヒーター Wi-Fiモデル

アップルの「HomeKit」に対応したヒーター。Apple TV(付属)やiPadをハブとして使った遠隔操作ができるだけでなく、iPhoneのGPSと連動した自動制御も可能。Siriでの音声操作にも対応している。「最寄り駅に着いたら部屋を暖めるといった使い方は画期的」(戸井田氏)

MONO TRENDY連載記事一覧