ヘルスUP

日経Gooday 30+

「オリーブオイルちょい足し」 技あり健康効果UP術

日経Gooday

2017/5/15

納豆に「ちょい足し」すると、特有のにおいも弱められる
日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

 日本人の食卓に合うエキストラバージンオリーブオイルの取り入れ方を発信する「オリーブオイル健康ラボ」が、3月にセミナーを開催。その席上、地中海食の健康効果(「地中海食・低脂肪食・低糖質食 リバウンド少ないのは」参照)に関する話などに続き、食物学の専門家である佐藤秀美さんが、オリーブオイルの栄養学的な効果と、日本人の普段の食卓に手軽に活用できる方法について話した。

■脂溶性ビタミンの吸収力アップに油は重要

 農林水産省と厚生労働省は、栄養バランスに優れた「日本型食生活」が実現され日本人の寿命が延びた1980年前後の食事を踏まえ、1日に「何を」「どれだけ」食べればいいかという、健康的な食生活実現の目安になる「食事バランスガイド」を作っている。

※「食事バランスガイド」を基に佐藤秀美さんが作った図を編集部が改変

 これは、コマの中に5つの料理グループが描かれた図で、上にある料理グループのものほど多く食べる必要があるというもの。ごはんやパンを主食として、野菜、きのこ、いも、海藻などのおかずを副菜、肉、魚、卵、大豆を主菜とし、果物と牛乳・乳製品を加えたものだ。

 「地中海食の内容を見てみると、この食事バランスガイドとほぼ一致する。違っているのは日本のバランスガイドには油がないが、地中海食にはオリーブオイルが入っていること」と話すのは、食物学の学術博士である佐藤秀美さん。

 油は脂質で、これには必須脂肪酸という体内では合成できない脂肪酸が含まれており、たんぱく質、炭水化物と合わせた三大栄養素なので、必ずとる必要がある。

 また、「脂溶性ビタミンの吸収率を上げることも油の大きな役割。ニンジンなどの緑黄色野菜に含まれるベータカロテンは、油と一緒にとると吸収率が高まるといわれている」と佐藤さん。地中海食にならい、日本人の食事にオリーブオイルを加えると、ベータカロテンの吸収も高まり、健康の維持・増進に役立つ。

■抗酸化作用により、老化の進行抑制も期待

 佐藤さんは、エキストラバージンオリーブオイルの機能性成分であるオレオカンタールという物質に着目する。これは、オリーブオイルをなめたときに感じるピリリとしたかすかな刺激性のある味のもとであり、抗炎症性、抗酸化性を持つ成分だ。抗酸化作用によって、老化の進行抑制、生活習慣病の予防効果が期待できる。

 また、ポリフェノールの一種であるオレウロペインという成分も抗酸化作用がある。オリーブオイルには、このほかにも、抗不整脈性および血管拡張作用が期待できる成分が含まれていることが明らかにされつつある。

■オリーブオイルの風味を薬味代わりに利用しよう

 このように、様々な健康効果が期待されるオリーブオイルだが、私たちの日常の食事にどのように取り入れればよいのだろうか。佐藤さんは、食卓によく登場する食材と組み合わせて、おいしく、しかも簡単に利用できる方法を教えてくれた。「オリーブオイルの特徴である『青葉の香り』を活用することをおすすめします」と佐藤さん。

 オリーブオイルをそのまま口に含むと、青葉に似た香りがパッと立ち、味にはピリリとしたかすかな刺激と苦みが加わる。「この香りと味わいを生かし、日本の食事にもなじみ深い“薬味”として使えば、用途が広がり、使い方も簡単です」(佐藤さん)

 佐藤さんが提案してくれたエキストラバージンオリーブオイルの活用法は次の通りだ。

ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL