働き方・学び方

学校のリーダー

「男子御三家」の麻布、茶パツもスカートも気にせず 麻布中学・高校の平秀明校長に聞く(上)

2017/4/15

麻布中学・高校の校舎(東京・港)

 「男子御三家」と呼ばれる名門私立校、麻布中学・高校(東京・港)。戦後の学制改革以降、東京大学の合格者ベスト10から一度も外れたことがない唯一の進学校であり、政界や経済界、学界から文学・芸能界まであらゆる分野に多様な人材を輩出している。麻布の人材育成の強さの秘密を探るため、東京・元麻布の麻布中高を訪ねた。

■自由の麻布は学園紛争から生まれた

 4月5日、東京・六本木に近い閑静な住宅街にある麻布。校内に入ると、10人ぐらいのラフな格好の私服姿の生徒たちがスマートフォンをいじりながら、歩いていた。うち1人の頭髪は「茶パツ」、青く髪を染めた生徒もいる。春休み期間中だが、彼らは本当に麻布生なのだろうか、平秀明校長に問うと、「ああ、うちは自由ですから」と言ってニヤッと笑った。全国有数の名門進学校、麻布とはどんな学校なのだろうか。

 「1970年前後の学園紛争から麻布の現代史が始まったのです」。麻布の平校長はこう語る。「創立以来、自由闊達(かったつ)・自主自立を校風としていますが、それまでの麻布は制服着用や成績による序列化など、生徒管理の面ではそれなりに締める学校でもありました」。折からの大学紛争、各地で多発した高校紛争の流れのなかで、麻布でも管理からの自由や授業の改革を求めて生徒たちが立ち上がったという。

 なかには過激な行動に出る生徒もいたが、当時の教員は生徒の訴えを真摯に受け止めて、全校集会を4日連続で開き、論議をつくし、最終的に「意志の集約」という合意を形成することになったという。「麻布はそれ以来、校則がない学校になりました。私服通学も許され、クラブ活動なども生徒が自主的に運営するようになりました」

■卒業式にスカートの生徒も

 高校の卒業式では大半の生徒はスーツ姿で卒業証書を授与されるが、中には打ち込んだ運動部のユニフォーム姿で登壇したり、受け狙いで奇抜な格好をしたりする生徒もいる。今年は相撲取りの着ぐるみを着た生徒がいて大いに沸かせた。また、スカートをはいて女装した生徒も複数いたそうだ。自由闊達で個性重視の麻布らしい卒業式といえるが、「スカート姿の生徒はもしかしたらLGBT(性的少数者)をカミングアウトしていたのかもしれない。でも、みんな良い意味で個性の一つとして尊重している、それが麻布ですね」。英国紳士然とした平校長は冷静な口調でこう語る。

働き方・学び方

ALL CHANNEL