洋服はカップめん、きものはラッピング 着方は無限に伊藤元重 矢嶋孝敏 共著「きもの文化と日本」(5)

30年来のつきあいという経済学者の伊藤元重氏と、呉服大手やまと会長の矢嶋孝敏氏。伊藤氏はきものの魅力を「面倒くさいところ」と語ります。「文明」が「文化的な細かい特徴を削っていって、標準化されたもの」(矢嶋氏)であるなら、きものはその対極にある「文化」にほかならないからです。2人の対談をまとめた「きもの文化と日本」(日経プレミアシリーズ)から、前回掲載「日本初『製造小売り』の風雲児 きものを物語で売る」に引き続き、きもの文化についての討論を抜粋、ご紹介します。




伊藤 洋服ときもので、もっとも違う部分はどこだと思われますか?

矢嶋 着ることに対する思想がまったく違う。たしかに洋服にはいろんな生地があって、いろんなフォルムがある。ジャケットだっていろんな種類があるんだけど、体の形に合わせて作ってあるし、ボタンの位置も決まってるから、1通りの着方しかできない。答がひとつしかないの。フォルムは無限に用意されてるけど、ひとつのフォルムを選んだあとは、スタイルがひとつしかないわけ。

伊藤 誰が着ても、同じスタイルになるわけですね。だとすると、カップヌードルと同じで洋服を着るのに上手いも下手もない。文明的ですね。

矢嶋 洋服はきわめて文明的なの。もちろん、種類はいっぱい用意されているんだよ。シーフードヌードルもあれば、カレーヌードルもあり、チリトマトヌードルもある。いっぱいあって、どれを選ぶか迷う。だけど、そのなかのひとつを選んだあとは、誰が作ったって、まったく同じ味に仕上がる。

伊藤 アロハシャツの起源として、ハワイに移住した日系人が和服をシャツに仕立て直したという説がありますね。だけど、体に合わせて裁断して、ボタンをつけた時点で、1通りの着方しかできなくなる。いくらきものの生地が使われていて、柄もきものそのものだったとしても、それはきものでなく、洋服だということですね。一方、きものは体に合わせて作っていないから、無限に近い着方ができると。

矢嶋 そうそう。ジャケットは脱いでも、そのままの形で残ってるけど、きものは脱いだら平面になっちゃう。着ることでようやく形が生まれるわけ。衣服というより、高度なラッピングをやってるような感覚だよね。

伊藤 なるほど。平面の包装紙を使って、立体的な商品を包んでいく感覚。

■インナートリップを体験する

矢嶋 だってね、着物のフォルムはひとつしかないんです。どんな着物でも同じフォルム。しかも、驚くべきことに、男女でフォルムがほとんど変わらないの。すごいでしょう、このフォルムの画一性。ところが、体に合わせて作られていないし、ボタンもついてないから、どんな着こなしだって可能になる。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019