2017/4/11

リーダーのマネジメント論

「もう1つは、ピラミッド型の組織ではなく、どちらかというと分散型の組織を目指したい。1人のすばらしいリーダーも、いてくれたらいいなとは思うけど、そこそこのリーダーが10人いたほうがもっといいかなと、そう考えている」

1日8千歩、20分速歩 社内で競う

――ロートは健康分野の企業です。山田会長の健康法について聞きたいのですが。

「趣味も1つのことを高めるのは苦手で、いろいろやっている。トライアスロンは少なくとも水泳、自転車、ランニングの3つがあるし。今度は(山などを駆け抜ける)トレイルランニングにも出る。ここ2、3年の冬はスキーに行くのに忙しくて、国内だけじゃなくて今年は欧州にも行った。海も好きだからダイビングもやりたいんだけど、ダイビングまでやっている時間がどうしてもなくて……。まあ、ヨットはやっているからね。1年通じて一番忙しいのは、ヨットレースかもしれない(笑)」

――健康法の域を超えていますね。

「会社では『みんなで歩こう会』やっていますよ。最低1日8000歩歩いて、20分速歩する。個人だとどうしてもくじけてしまうから、15人ずつのチームに分かれて競争している。全員の成績が見えるので妙な連帯感があるよね」

――山田会長は灘高校、東大の出身ですが、影響を受けている経済人はいますか。

「僕は交友関係も広いのが自慢で、固定したメンバーというのはあまりいない。製薬業界の若手で集まることもあるし、高校時代の友達で集まることもあるし。それも、ダイバーシティー(多様性)やな(笑)」

「(灘高の友達はみんな)変わりもんだねえ。僕自身もある程度変わっているタイプだと思うけど、良くも悪くも変な奴が多いね。黒岩祐治(神奈川県知事)くんも同窓だけど、あの人も今も昔も変わっている。(日本航空会長の)大西賢くんも、もとは技術畑の人だったけど、経営者になるなんてね。(京セラ名誉会長の)稲盛和夫さんと馬があったんかなあ(笑)」

<<(上)「副業、アバウトに始めていいじゃない」ロート会長

山田邦雄氏
 1956年大阪府生まれ、灘高校を経て東京大学理学部を卒業。80年、曽祖父が創業したロート製薬に入社。99年社長、2009年から現職。

(松本千恵)