MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

光学ドライブ、大画面… こだわり派向けPC6選

日経トレンディネット

2017/4/7

日経トレンディネット

17年春のお薦めモバイルノート 4つの目的別9選」の記事では、2017年のモバイルノートのトレンドを押さえた9製品を紹介した。適度な画面サイズと軽さを両立した汎用性が高いモデルばかりだ。これらの機種は万人向けではあるものの、だからこそ用途がはっきりしている人、欲しいモバイルノートの条件がはっきりしている人にとっては小さな不満が残ることもある。そこで、後編では、「とにかく小型」「光学ドライブ搭載」「大画面」など、明確な特徴を持つ“こだわり派”向けの6製品をピックアップした。

このほか、値下げで値ごろ感がでてきたWindowsタブレットの人気機種「Surface Pro4」シリーズや、920gで10時間駆動できるアップル「MacBook」シリーズもモバイルPCの選択肢に入る。タブレットやマックがいいという人はこれらも検討してみよう。

■とにかく小型がいい人へ10~11型の3機種

現在のモバイルノートは13.3型が主流だが、コンパクトな10型~11型の製品もある。画面が小さくなってやや見づらくなる点に注意が必要だが、少しでも小さい方がいいという人、ビジネスバッグより小ぶりなバッグを持つことも多い学生や女性などにはうってつけだ。

LTE対応モデルもある10.1型2in1 
パナソニック「レッツノートRZ」 
●モデルCF-RZ6HFLPR: 実売価格24万円前後・Core i5-7Y54・メモリー8GB・SSD 256GB・10.1型(1920×1200ドット)・バッテリー駆動時間 約11.5時間・サイズと重さ 幅250×奥行き180.8×高さ19.5mm、約775g・LTE対応ワイヤレスWANモジュール・Microsoft Office Home & Business Premium付属
パナソニック「レッツノートRZ」

パナソニックの10.1型2in1ノート「レッツノートRZ」シリーズは、最軽量モデルで745gと非常に軽く、駆動時間は約11.5時間と長い。店頭モデル3モデルすべてがメモリーを8GB搭載し、LTE対応のSIMカードスロット付きモデルもある。

狭額縁でサイズを押さえた11.6型ノート 
NECパーソナルコンピュータ「LAVIE Note Mobile」 
●モデルNM550/GA: 実売価格14万円前後・Core i5-7Y54・メモリー4GB・SSD 256GB・11.6型(1920×1080ドット)・バッテリー駆動時間 約12時間・サイズと重さ 幅270×奥行き178×高さ18.5mm、約904g・Microsoft Office Home & Business Premium付属
NECパーソナルコンピュータ「LAVIE Note Mobile」

軽量コンパクトでコストパフォーマンスも優秀なのがNECの11.6型ノート「LAVIE Note Mobile」シリーズだ。904gと軽く、駆動時間は12~13時間と長い。狭額縁デザインによりサイズもコンパクト。店頭販売モデルは3モデルで、実売価格はPentium搭載のエントリーモデルで11万円前後、Core i5搭載の最上位モデルでも14万円前後だ。いずれもメモリーは4GBだが、直販モデルなら8GBメモリーの選択もできる。

3万円台で買える11.6型ノート 
日本エイサー「Aspire One」 
●モデルAO1-132-H14N/W: 実売価格3万2800円前後・Celeron N3060・メモリー4GB・フラッシュメモリー 32GB・11.6型(1366×768ドット)・バッテリー駆動時間 約10時間・サイズと重さ 幅291×奥行き211×高さ18.6mm、約1200g
日本エイサー「Aspire One」

小型で安さ重視なら、日本エイサーの11.6型ノート「Aspire One」(AO1-132-H14N/W)で決まりだ。重さ約1.2kgと重いが、駆動時間は最長10時間で、実売価格3万3000円前後と安い。CPUがCeleronでメモリー4GB、ストレージ容量は32GBと必要最小限のスペックだが、ネットの閲覧やメールの利用など、処理の軽い用途に割り切って使うなら実用性はある。

■光学ドライブも搭載 オールインワンの2機種

最近のモバイルノートには、サイズや重さを抑えるため、光学ドライブや拡張端子を省いたものが多い。実際、光学ドライブの必要性はだんだん薄れてきたが、業務用にまだ必要という人もいるだろう。

光学ドライブと多くの拡張端子を備えた機種なら、オフィスや自宅でメインマシンとしても使える。これ1台で済む万能さが魅力だ。このタイプのお薦め機種は2つ。

光学ドライブ付きで1kg前後の軽量オールインワン 
パナソニック「レッツノートSZ」 
●モデルCF-SZ6JD3QR: 実売価格26万円前後・Core i7-7500U・メモリー8GB・SSD 256GB・DVDスーパーマルチドライブ・12.1型(1920×1200ドット)・バッテリー駆動時間 約22時間・サイズと重さ 幅283.5×奥行き203.8×高さ25.3mm、約1025g・Microsoft Office Home & Business Premium付属
パナソニック「レッツノートSZ」

まずはパナソニックの12.1型ノート「レッツノートSZ」シリーズだ。店頭販売モデル5モデルはいずれもCore iと8GBメモリーを搭載する。重さは光学ドライブありの最軽量モデルで929g。サイズも小さめなので、持ち歩きにも苦がない。駆動時間はモデルによるが12時間~22時間とかなり長い。直販モデルでスペックを選んで買うこともできる。

携帯時は光学ドライブが外せる13.3型ノート 
富士通「FMV LIFEBOOK SH」シリーズ 
●モデルSH90/B1: 実売価格18万4000円前後・Core i5-7200U・メモリー4GB・SSD 256GB・DVDスーパーマルチドライブ・13.3型(タッチ対応、2560×1440ドット)・バッテリー駆動時間 約14.6時間・サイズと重さ 幅315.8×奥行き214×高さ11~19.8mm、約1490g(DVDスーパーマルチドライブ装着時)・Microsoft Office Home & Business Premium付属
富士通「FMV LIFEBOOK SH」シリーズ

「レッツノートSZ」よりも画面が大きいオールインワンモバイルが欲しいなら、富士通「FMV LIFEBOOK SH」シリーズだ。13.3型液晶ディスプレーを搭載し、タッチ対応モデルも用意する。光学ドライブ搭載で1.49kgと重いが、駆動時間は14.6時間と十分長い。

このモデルは、標準付属のDVDスーパーマルチドライブを取り外して軽量化できるのが便利なところ。カバーに付け替えると1.39gになる。また、オプションの拡張バッテリーや増設用HDDにも変更可能で、用途に合わせて駆動時間を延ばしたり記録容量を増やしたりできる。

■モバイルでも大画面・軽量なノート

モバイルノートは13.3型を中心に10~14型がほとんどで、画面が大きい15.6型ノートになると、据え置き利用を想定した2.5kg前後のものになってしまう。その中でモバイルに使える軽さと駆動時間を持つのが、LGの軽量ノートパソコン「LG gram」シリーズの15.6型モデルだ。

気軽に持ち歩ける15.6型ノート 
LG Electronics「LG gram 15Z970-GA55J」 
●モデル「LG gram 15Z970-GA55J」: 実売価格16万4000円前後・Core i5-7200U・メモリー8GB・SSD 256GB・15.6型(1920×1080ドット)・バッテリー駆動時間 約15時間・サイズと重さ 幅357.6×奥行き228.4×高さ16.8mm、約1090g
LG Electronics「LG gram 15Z970-GA55J」

重さは1090gで駆動時間は15時間。一般的な15.6型ノートの半分以下の重さで、駆動時間は2倍以上長く、大画面のモバイルノートとして利用できる。2モデルあるが、実売価格18万円前後のエントリーモデルでも、CPUはCore i5、メモリー8GB、SSDの容量は256GBとスペックは高い。外出先でも大きい画面で作業したい人に向いている。

(IT・家電ジャーナリスト 湯浅英夫)

[日経トレンディネット 2017年3月24日付の記事を再構成]

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
大手ジムが「有料オンラインレッスン」に注力する理
日経クロストレンド
アップル、4年半越し悲願 腕時計「常時点灯」の真意
日経クロストレンド
ANAも参入 「5G+分身ロボット」でビジネス変革
日経クロストレンド
花王が洗顔シートで王者を逆転 敵の弱点を徹底訴求
ALL CHANNEL