グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

dressing

京都の厚焼き「玉子サンド」を東京で 分厚さ話題に トレンド

2017/4/10

「衣・食・住+知」をコンセプトとしてオープンした神楽坂のキュレーションストア「la kagu(ラカグ)」。その「ラカグ」が2016年8月にリニューアルしたのを機に誕生したカフェ「マドラグ」の分厚い卵サンドが口コミで話題となっている。

la kagu(ラカグ)

 1階のワンフロアに店舗を構える「マドラグ」は、木の温もりを感じるテーブル席とゆったりとしたソファー席が設置されており、瀟洒な空間デザインが特徴だ。

「マドラグ」の店内
Summary
1.行列のできる京都の純喫茶「マドラグ」が神楽坂の商業施設ラカグに初進出
2.京都中の人々から愛されながらも2012年に閉店した、木屋町の老舗洋食店「コロナ」のレシピを受け継ぎ提供
3.看板メニューは、卵4個分を使用している「コロナの玉子サンド」

■京都の老舗洋食店「コロナ」のレシピを受け継ぎ復活した「玉子サンド」

「コロナの玉子サンド」

「マドラグ」で絶対に食べていただきたいのが、“伝説の卵サンド”と言われる看板メニューの「コロナの玉子サンド」。関東では一般的に、卵サンドといえば、茹で卵とマヨネーズを混ぜ合わせたものをパンにサンドするイメージがあるが、ここ「マドラグ」の「玉子サンド」は、卵を厚焼きに焼いた関西風のサンドイッチなのだ。

 卵4個分を使用して時間をかけて丁寧に作り上げたボリュームのある卵サンドは、2012年に惜しまれつつも閉店した京都の老舗洋食店「コロナ」のレシピを受け継ぎ、さらにアレンジを加えたものを神楽坂店でも提供している。

分厚い卵焼き

 厚さ10センチ近くもある分厚い卵焼きは、昆布だしと塩のシンプルな味付け。食べると卵焼きのだしがじゅわ~っと口いっぱいに広がる。側面には、ケチャップとデミグラスソースを混ぜたオリジナルソースと、マスタードとマヨネーズを合わせたソースが、シンプルな味付けの卵と絶妙に合い、あっという間に完食してしまう。

パンに卵焼きをサンドした後も蒸す

 ふわふわ感の工夫は卵を二度蒸すことにある。一度フライパンの中で蓋をして蒸し焼きにし、さらにパンに卵焼きをサンドした後も蒸すことがふわふわ感の秘密だ。

■目玉焼きスタイルのオリジナルサンドイッチ

マドラグサンド

「マドラグ」のオリジナルのメニューもある。それが写真の「マドラグサンド」。こちらは、ハム、目玉焼き、野菜をトーストに挟んだミックスサンドイッチ。あと味に感じられるチーズとハムの組み合わせが絶妙で、こちらもぜひ試していただきたい。

マドライス

 続いて「マドライス」は、ケチャップライスの上にオムレツを乗せてデミグラスソースをかけた一品。オムレツは「コロナの玉子サンド」と同じ卵を使用している。トッピングは、ポークカツ、エビフライ、ソーセージから1品選べるので、その日の気分で選んでみたい(取材日はエビフライ)。

■昔ながらの喫茶店の味「鉄板スパゲッティ ナポリタン」

スパゲッティ ナポリタン

 名物のメニューの一つでもある「スパゲッティ ナポリタン」は昔ながらの喫茶店の味。鉄板で提供される、こちらのナポリタンは京都の本店でも提供されている。鉄板の上に卵を敷いてトマトベースのスパゲッティをのせた喫茶店ならではのメニューは、どこか懐かしい味だ。

■こだわりのスペシャルティコーヒー

 サンドイッチに相性抜群のコーヒーにもこだわっている。コーヒーは、鎌倉の名店「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」のオーナー・堀内隆志さんが、こちらの店のためだけに焙煎する豆を使用している。鎌倉で昔から愛され続ける老舗喫茶店のコーヒーと京都のサンドイッチのコラボレーションをぜひとも体験していただきたい。

開店前から厨房に立ち準備をする料理長の佐藤道行さん(左)とスタッフの下地由希子さん

「『コロナの玉子サンド』は、フライパンで蒸してから、さらにパンに挟んだ後も蒸しています。こんなに分厚いのに意外に時間がかからないのですよ」と、作りながら笑顔で話す下地由希子さん。来店するお客さんは、京都の味を求めてくる方も多いのだとか。連日行列の京都本店で提供されている伝説の「玉子サンド」。文化豊かな神楽坂の街でぜひ味わってみてほしい。

下地由希子さん

<メニュー>

コロナの玉子サンド 850円 / スパゲッティ ナポリタン 900円 / マドライス 980円 / マドラグサンド 750円/ ドリップコーヒー(HOT) S500円 / クリームソーダ緑 600円 ※価格はすべて税抜き

マドラグ (LA MADRAGUE)
住所:〒162-0805 東京都新宿区矢来町67番地 ラカグ1F
電話:03-5579-2130
営業時間:11:00~20:30(L.O 20:00)
定休日:不定休
公式URL:ttp://www.lakagu.com/category/cafe/
*上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。
大人のレストランガイド

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL