孫社長も実践 ソフトバンク式プレゼン術、7つの鉄則

日経トレンディ

目的がしっかり定まれば、次は「内容」。最も伝えたいメッセージである結論、その結論を納得させるための根拠、そして相手が行動することで得られる利益。これらを具体化していく作業になる。構成の最後は「順序」。結論を冒頭に伝えるか、各論から入って結論をラストにすべきか。企画提案や報告のプレゼンなら「結論先行型」、セミナーや講演なら結論を後回しにする「問題提起型」が有効になる。

確固とした構成が決まれば、実は「表現」は難しくない。まずは下のEBITDAのスライドを見てほしい。極めてシンプルなこの1枚に、ソフトバンク流が凝縮されている。

ソフトバンクが確立した“鉄板”のスライド作成メソッドは以下の7つ。限りなくシンプルであるにもかかわらず、見せたいところと言いたいことが一発で相手に伝わる。フォーマットに沿って進めれば、迷うことなく最短距離で最高のプレゼン資料が作成できる。

(1)グラフはできるだけ省く

直感的に相手に理解させればいいので、余計なケイ線や単位は不要。ここでは主に「2兆円」がわかればよく、縦の目盛りまで省いてしまってOK。

(2)ベースはグレー、色は最小限に

カラーは意外にインパクトがない。色は少ないほどよく、グレーがベースカラーに最適だ。

(3)1スライド1メッセージに

1枚のスライドにあれこれ入れず、言いたいことは1つにとどめる。また、横組みの場合、目線は一般的に左から右に動くため伝えたいメッセージは右に置くのが鉄則。

(4)メッセージは「少し上」

キーとなるメッセージはセンターではなく少し上に置くのがポイント。講演などで後ろの席からでも見やすくなる。

(5)使うべき書体はこの3つに決まり!

あれこれ書体は選ばずに、基本は1種類でOK。「Meiryo UI」はベースが細めなので、太字細字を使い分けると強調しやすい。

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧