WOMAN SMART

鈴木ともみの気になるハナシ

『タラレバ娘』最終回 選ぶ男で分かる30代の恋愛観

2017/4/5

 新年度の4月を迎えました。新たな環境や新たな人との出会いに、期待と不安が入り交じる季節といえるのかもしれません。

 そんななか、「理想の人生のパートナーにあてはまると思う芸能人 1位は鈴木亮平」というニュースを目にしました。

■星野源さん、高橋一生さんを上回る支持

 このランキングは、メディケア生命保険が「イマドキ女子の結婚観・仕事観に関する調査2017」(調査協力:ネットエイジア)を行い、1000人のアンケート調査から「理想の人生のパートナーにあてはまると思う芸能人」を選出しています。

 鈴木亮平さんは、今が旬の星野源さん(2位)、高橋一生さん(3位)を押しのけて、見事1位に輝いています。

 この結果の背景には、おそらく「早坂さん効果」もあることでしょう。早坂さんとは、3月まで日本テレビ系で放送されていた人気ドラマ『東京タラレバ娘』で、主人公の倫子を優しくサポートするドラマプロデューサー・早坂哲朗のことです。

 このドラマは、30歳で独身、売れない脚本家で彼氏もいない主人公・鎌田倫子(吉高由里子)と、その親友であるネイリストの山川香(榮倉奈々)、居酒屋「呑んべえ」の看板娘・鳥居小雪(大島優子)らが、大人になりきれないまま30代を迎え、「もしあの時○○していたら……」「○○していれば……」と、タラレバの発想から逃れられない「タラレバ娘」として、仕事や恋に悩む姿を描いた物語。

 早坂哲朗は、倫子を取り巻く男性の一人として、坂口健太郎さんが演じる年下金髪イケメンモデル・KEYと共に登場します。

■早坂を選ぶかKEYを選ぶか

 最終回では、倫子が早坂とKEYのどちらを選ぶかに注目が集まりました。

 ネットのタイムラインでは早坂派とKEY派に分かれたコメントであふれていましたが、総合すると「結婚相手ならば早坂派」が多かったように感じます。

 倫子のことを本当に大切に思い、だからこそ彼女の気持ちを尊重して自ら身を引く優しさと男らしさ、そして真摯に仕事に取り組む安定感は、確かに「理想の結婚相手」そのものといえそうです。

 そして、早坂を演じた鈴木亮平さんの穏やかで優しい笑顔に癒された女性たちも数多くいたことでしょう。

 私自身もその中の一人ですが、この早坂という役柄を鈴木さんが演じたからこそ、その魅力が増したように感じます。優しさの中にある、芯の強さと男気を漂わせることのできる俳優さんは、やはり鈴木さんの他にいなかったのではないでしょうか。

 鈴木さんといえば、2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』にも注目が集まっています。体重の増減を含め、貪欲な役作りに挑む「デ・ニーロ・アプローチ」(ハリウッド俳優・ロバート・デ・ニーロの役作り法)のエピソードを数多く持つ俳優さんだけに、おそらく、豪快な西郷隆盛も違和感なく演じることと思います。

WOMAN SMART新着記事

ALL CHANNEL