出世ナビ

ビジネス書・今週の平台

書店員がおすすめ 新入社員が読んでおきたい5冊

2017/3/31

紀伊国屋書店大手町ビル店の西山崇之さんのおすすめは『入社1年目の教科書』と『人を動かす』

ビジネス街の書店をめぐりながらその時々のその街の売れ筋本をウオッチしていくシリーズ。今週はいつもと趣向を変えて、定点観測している東京都心の3書店で新入社員が読んでおくといいビジネス・経済書をおすすめしてもらった。学生生活からアタマを切り替えるのにちょうどいい5冊を紹介していこう。

■王道の仕事術なら『入社1年目の教科書』

話を聞く3人の書店員には、新入社員におすすめの2冊を選んでもらうようにお願いした。そのうち2人がそろって推薦してきたのが岩瀬大輔『入社1年目の教科書』(ダイヤモンド社)だ。まさにそのものズバリのタイトルで、現在ライフネット生命保険社長を務める岩瀬氏が副社長時代に執筆した仕事術の本になる。2011年の刊行だが、すでに29刷を数え、最新の帯では「35万人が読んだ仕事の教科書」をうたう。

すすめてくれた一人、リブロ汐留シオサイト店店長の三浦健さんは「定番中の定番ですが、職場に入ってすぐ足元の仕事に役に立つ」と言う。もう一人の紀伊国屋書店大手町ビル店の大西崇之さんは「うちは新入社員のお客様があまり来店しないが、部長クラスの方や会社の総務の人などがこの時期になるとまとめて買っていく」と話す。仕事をしている人から見ると、有益なアドバイス満載の本らしい。

内容と構成はいたってシンプル。冒頭に「仕事において大切な3つの原則」が置かれ、続いて具体的な仕事の仕方や心構えが50の指針として示される。原則は「頼まれたことは必ずやりきる」「50点で構わないから早く出せ」「つまらない仕事はない」の3つ。指針の方は「何があっても遅刻するな」から始まり、「会議では新人でも必ず発言せよ」とか「社会人の勉強はアウトプットがゴール」といった項目が一つ3~4ページと読みやすいペースで語られていく。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL