保護フィルム鉄球落下テスト 無傷だった安価な樹脂製

日経トレンディ

いかにも強じんそうなうたい文句の数々
いかにも強じんそうなうたい文句の数々
日経トレンディ

スマホアクセサリー市場で、平均単価の上昇が続くジャンルが液晶保護フィルム。PET素材などの安価な樹脂製から、ガラス製へのシフトが進んでいるためだ。「ゴリラガラス」(米コーニング製)や「ドラゴントレイルX」(旭硝子製)などのブランドガラスを使った商品が増え、いかにも「画面割れから守ってくれそう」なイメージから人気が高まっている。しかし実は、画面割れを回避したいだけなら、安価な樹脂製のほうが期待できる。

今回、売り場に並ぶ多数の商品に、スマホと同等の重さの鉄球を、腰の高さに近い1mから落とす試験を行った。結果はまちまちだったが、2000円前後が中心のガラス製の大半が2回以内で守るべきガラスとともに割れた一方、約1000円のPET製には5回目も無傷で耐え切る商品が目立った。

樹脂フィルム4製品

パッケージをよく見ると、樹脂製には「鉄球落下試験を実施」とうたうものが多いが、ガラス製には見当たらない。うたえるほどの試験結果を得られていない可能性がある。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧