アウトランダーPHEV 理屈のエコカーが生きる道

特別クルマに詳しくない動画取材斑。EV走行の重要性などさほど感じていなかっただろうし、そもそもPHVがなんたるかをさほど理解していない。単なる新型ハイブリッドに毛が生えたぐらいの認識であり、充電してこそ生きる「半EV」だとは思ってない。

おそらくガソリンで走ることと、充電して電気で走ることの経済性の差もよく分かってない。そりゃそうだ。普段電気はガソリンのように、リッター何円などと金額ベースで計算して使わないし、どちらがお得でエコロジーかという実感は得にくい。

EVは漠然とエコだろうと思っているくらいで、家庭用の深夜電力を使えば1kWhあたり10円ちょいで手に入るということも分かっていないはずだ。プリウスPHVであれば1km走るのに1円くらい。ハイブリッドのプリウスの燃費を換算すると1km走るのに3円程度。PHVのEV走行より3倍ほどもかかってしまう。

要するにPHVは、頭を使って初めて分かる理屈のエコカーでもある。だから難しいのだ。

私はプリウスPHVもアウトランダーPHEVも、本当の普及には地道な努力が必要になってくると思う。クルマの魅力をかみ砕くように伝えなければならないし、例えばプリウスPHVのように、他のクルマにはない走りの良さや個性的デザインを提供していかなければならない。

PHVは様々な性能の高次元のバランスが最大の売りだが、もっと無条件にカッコいいか、便利か、安いか、そういう売りを作っていかなければいけないのかもしれない。そう考えると、アウトランダーPHEVは新たに入った日産自動車傘下で思い切って劇的に安くするか、デザインを変える必要もありそうだ。

まだまだ本当の勝負はこれからだと小沢は考えている。

もっと劇的に安くするか、デザインを変えるか…「アウトランダーPHEV」の勝負はこれから
小沢コージ
自動車からスクーターから時計まで斬るバラエティー自動車ジャーナリスト。連載は日経トレンディネット「ビューティフルカー」のほか、『ベストカー』『時計Begin』『MonoMax』『夕刊フジ』『週刊プレイボーイ』、不定期で『carview!』『VividCar』などに寄稿。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)など。愛車はロールスロイス・コーニッシュクーペ、シティ・カブリオレなど。
注目記事
今こそ始める学び特集