映画『ReLIFE リライフ』で中川さんが演じたのは、27歳のニート、海崎新太。ある日、不思議なカプセルを飲んで17歳の見た目に若返った海崎が、高校3年生をやり直すという、ファンタジックな青春映画だ。

まさか18歳の自分に、27歳の役が来るとは

オファーを受けた時は、びっくりしました。まさか27歳の役を、この歳でいただくとは思っていなかったので(笑)。しかも、純粋に27歳を演じるというよりは、見た目だけ17歳になって高校生活を送り、また27歳に戻るという、行って、帰って、みたいな。そんな役を演じる機会はなかなかないと思うので、撮影がすごく楽しみでした。

こだわったのは、27歳と17歳の、変化の見せ方です。気持ちの切り変えだけでなく、見た目の変化も大事。そこで今回はメークのポイントとして、つけヒゲを使いました。あと、服の下に詰め物をして、体格の変化も若干、出しています。ほかにも、髪の毛の質感に変化を持たせたりとか。

メイクのポイントとしてつけヒゲを使い、服の下に詰め物をして体格も変化させているという

監督やスタッフさんとアイデアを出し合いながら、細かく作り上げていく作業。それも楽しかったし、やりがいもすごく感じたところでした。

◇ ◇ ◇

「僕にとっては経験したことのない、未知の世界」という27歳の苦悩や葛藤。海崎を演じることで、中川さんはどんなことを感じたのか。

27歳の時には、あこがれられる人になりたい

27歳ということは、大学を卒業して就職したら、4年目とか5年目くらいの時期ですよね? だんだん責任ある仕事を任されて、後輩もできて、みたいな年齢だと思います。

でも僕が演じた海崎新太は、大学を2浪して苦労して会社に入ったのに、26歳で会社をクビになって、27歳で再就職が決まらず、という境遇。海崎がクビになる理由も、結局は社会の理不尽さが要因だったりするので、撮影しながら「大人になると、そういうことも増えるのかなあ」と考えたりもしましたね。

本当に自分が27歳になったら、人からあこがれられる人になりたい。人にあこがれられるって、すごいことじゃないですか。僕は役者としてだけでなく、人としてもすごいと思える人をいっぱい見てきたので、次の世代が出てきた時に、「あんな人になりたい」とあこがれられる大人になれたらうれしいです。

中川大志
 1998年生まれ、東京都出身。2011年、ドラマ『家政婦のミタ』の長男役で注目され、15年には深夜ドラマ『監獄学園~プリズンスクール~』『南くんの恋人~my little lover』に主演。16年はNHK大河ドラマ『真田丸』に豊臣秀頼役で出演し脚光を浴びた。17年は2月『きょうのキラ君』、4月『ReLIFE リライフ』と2本の主演映画が公開。

『ReLIFE リライフ』

ある事件をきっかけに会社を辞め、ニート生活を送る27歳の海崎新太。ある日、奇妙な社会復帰プログラムで10歳若返った海崎は、1年間限定で高校生活をやり直す。監督・古澤健 原作・夜宵草「ReLIFE」(comico連載) 脚本・阿相クミコ 出演・中川大志、平祐奈、高杉真宙、池田エライザ、千葉雄大、市川実日子 4月15日(土)全国ロードショー

(文 泊貴洋、写真 吉村永)