新任の女性執行役員2人に聞く 仕事観、後進への思い

欧米などに比べ役員の女性比率が低い日本企業。ただ、働き方改革を進め、女性活躍を推進する動きも目立つようになるなか、今春は幅広い業種で女性の執行役員が誕生した。リーダーとして活躍するために必要なことは。新任の執行役員に聞いた。

責任の重さを仕事の面白さに カルビーの藤原かおりさん

カルビー執行役員の藤原かおりさん(中央)

「おいしくて、手抜きに見えないおしゃれな朝食」。カルビーの新執行役員の藤原かおりさん(42)が目指す果物入りシリアル「フルグラ」の姿だ。組織運営で大事にしてきたのは、「風通しの良いチーム作り」だ。

旭硝子に新卒で入社してから外資系企業などを経て2011年4月にカルビーに入社。海外展開する企業を探すなかでカルビーを選んだのは「おいしいものを作り技術力の高い、圧倒的なブランドを持つ」から。それでも順風満帆ではなかった。

入社後に任された商品は消費者のニーズと合わず1年で撤退。その直後の12年にフルグラ事業立て直しの話を受ける。引き受けるか悩んだが「次はやれることをやりきろう」。ただし案件は会長の肝煎りで「失敗したら後はない」。プレッシャーのなか、年間売り上げ100億円という目標をわずか2年で達成した。

当時のフルグラのマーケティングチームは藤原さんを除き全員が男性で工場や財務出身など経歴は様々。多様なメンバーを束ねる際に心がけたのは性別や立場を越え自由に意見を交わせる「風通しの良さ」だ。原点は旭硝子時代。立場の違う社員の意見を偉ぶらずに聞く役員の姿に「どんな立場になっても気兼ねなく意見を交わせるチームで働きたい」との思いを強くした。

話し合いを重ねて出たのが「第3の朝食」という言葉。これを機にシリアル市場ではなく、朝食市場を相手取る戦略を採用した。狙いは見事にはまり、フルグラの認知度は瞬く間に上昇。16年度の売り上げは300億円を見込む。

「女性は謙虚な人が多いが、少しでもやりたいと思うなら恐れず挑戦してほしい」と感じる。立場が変わると責任は重くなるが、それも仕事の面白さに変えていく。今後は役員として「情熱、個人の尊重、周囲への感謝を忘れずチーム作りに一層力を入れたい」。穏やかにほほ笑みながら、視線は先を見据えている。

企業の役員に占める女性の割合は欧米が2~4割に対し日本は1割未満。内閣府男女共同参画局の2016年版「男女共同参画白書」によると、15年には全体の2.8%と、14年に比べ0.7ポイント上昇した。長期的に見れば上場企業の役員に占める女性の割合は上昇基調にある。定着するには何が必要なのか。

注目記事
次のページ
キャリアは自ら取りに行く トッパン・フォームズの寺