宴会シーズンに増える急性膵炎 酒や油ものは控えめに

日経Gooday

日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

東洋医学で人体の内臓を示す言葉、「五臓六腑(ろっぷ)」。五臓とは肝・心・脾・肺・腎の5つを指すが、膵臓(すいぞう)はそこに含まれないだけあって、日ごろ意識する機会の少ない臓器だ。しかし、ひとたび急性の炎症が起きると痛みは猛烈で、重症になれば死に至ることもある。急性膵炎はなぜ起こり、どう治療するのか、東京医科大学消化器内科学分野主任教授の糸井隆夫氏に聞いた。

“おなかのやけど”のような強烈な炎症を起こす急性膵炎

――急性膵炎はどのような病気なのでしょうか。

まず、膵臓が果たす働きについてお話ししましょう。膵臓はおなかの中央から左後ろあたりに存在する、全長10~15cmの臓器です(図1)。主に2つの機能があり、1つめは、インスリンというホルモンを出して血糖を下げる「内分泌機能」。2つめは、膵臓の管(膵管)から消化酵素を含む膵液を出す「外分泌機能」です。ここでいう消化酵素には、炭水化物を分解するアミラーゼ、脂肪分を分解するリパーゼ、タンパク質を分解するトリプシンなどがあります。

本図では膵臓の構造を分かりやすく示すため胃の前面に描いている(c) nerthuz-123rf

急性膵炎は、膵液が膵臓自体を溶かしてしまう病気です。何らかの原因で膵液の流れが悪くなって膵管が閉塞すると、膵液は膵臓自体に向かいます。すると、膵液に含まれる酵素が膵臓や膵臓の周囲の組織を溶かし始めるのです。行き場がなくなった膵液は膵臓の外にもあふれ、血液中にも入り込みます。こうして起こる急性膵炎は“おなかのやけど”といわれるほど、ひどい炎症を起こします。

――膵臓が炎症を起こす原因は何なのでしょうか。

原因は性別によって異なり、男性はアルコール、女性は胆石が第1位です(図2)。ベースにあるのは、食生活の欧米化です。脂っこいものを食べながらアルコールを過剰に摂取すると、それに対処するために膵液がたくさん分泌され、膵臓への負担が増します。

対象は2007年の1年間に発症した急性膵炎患者2256例。原因として、男性はアルコール、女性は胆石が最も多い。(出典:厚生労働省 難治性膵疾患に関する調査研究班 平成22年度総括・分担研究報告書「重症急性膵炎の全国調査」)

女性に多い胆石は、一見すると膵炎と関係ないように思うかもしれません。胆石とは、胆汁に含まれる、コレステロール、レシチン、胆汁などのバランスが偏った結果、胆嚢(たんのう)内にできる結石です。その大半は脂っこいものの摂取から起こるコレステロール結石で、その石が胆管を経て膵管との合流部に届くと、膵液の流れが悪くなって閉塞してしまいます。

ちなみに、男女いずれもアルコールを原因とすることが多いため、年末年始や春の宴会シーズンは要注意です。お酒や脂っこい料理を食べる機会が多い季節は、急性膵炎が増える傾向があります。

――“おなかのやけど”と呼ばれるからには、急性膵炎の痛みは猛烈なのでしょうか。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
次のページ
絶飲・絶食で軽症でも7~10日の入院が必要
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント