LUMIX GF9 おしゃれで自撮り充実、画質に驚き三井公一の最新デジカメ撮って出し

日経トレンディネット

パナソニックが2017年1月に発売した小型ミラーレス一眼「LUMIX DC-GF9」。製品は、薄型の標準ズームレンズと単焦点レンズの2本が付属するダブルレンズキットのみ用意する。実売価格は8万6000円前後
パナソニックが2017年1月に発売した小型ミラーレス一眼「LUMIX DC-GF9」。製品は、薄型の標準ズームレンズと単焦点レンズの2本が付属するダブルレンズキットのみ用意する。実売価格は8万6000円前後
日経トレンディネット

パナソニックがエントリー向けの小型ミラーレス一眼を一新した。レンジファインダーカメラ風のおしゃれなデザインに一新した「LUMIX GF9」は、旧モデル「LUMIX GF7」で定評のあった自分撮り機能などはそのままに、ハイエンドLUMIXのウリでもある「4Kフォト」に対応した意欲作だ。タッチパネル式のチルト液晶によるダイレクトな撮影や高速なオートフォーカス、ローパスレスセンサーによる精細な画質など、かわいらしい外観からは想像できない実力を備えていた。

秒30コマの高速連写として使える4Kフォトが自分撮りでも活躍

LUMIX GF9は、スマホで日常的にセルフィーを撮っている女性にピッタリなカメラに仕上げられている。上方向に180度開くタッチパネル式の背面液晶と、カメラを支える右手でもシャッターが押せるWシャッターを先代モデルより受け継いでおり、一人でもセルフィーがラクに撮れる。

さらに注目なのが、撮影した4K動画から800万画素相当の写真を切り出す4Kフォトモードと自分撮りモードを組み合わせた「4Kセルフィー」を新たに搭載したこと。目つぶりや半目などで失敗しやすいセルフィーも、秒30コマ相当の高速連写として使える4Kフォトの技術を使うことで、ベストショットをたやすく得られるようになった。素早く動く被写体を撮らない限り、活躍するシーンがいまひとつ少なかった4Kフォトの新たな使い道となりそうだ。「美肌効果モード」「スリムモード」「自分撮りパノラマ」など、セルフィーを日常的に使っている人に歓迎されそうな機能も充実している。

上方向に180度開くタッチ式液晶は反応がよいこともあり、とても使いやすい(LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH.使用、ISO200、1/1600秒、F4.2、24mm相当)
チルト式液晶は、特にローアングル時に絶大な威力を発揮する(LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH.使用、ISO200、1/2500秒、F1.7、50mm相当)
便利なタッチ式液晶と素早さが向上したオートフォーカス性能のおかげで、とにかくストレスなく撮影できる(LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH.使用、ISO200、1/100秒、F3.5、24mm相当)
4Kフォトの「フォーカスセレクト」を使えば、撮影後に自由にピント合わせができる(LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH.使用、ISO200、1/1600秒、F1.7、50mm相当)

シャープな描写や高速なオートフォーカスは上位機種に迫る

もちろん、基本的な撮影機能も抜かりがない。撮像素子は16Mながらローパスフィルターレスなので、シャープで解像感のある描写が得られる。最新の画像処理エンジンの搭載で、ISO25600の超高感度でもノイズを抑えた仕上がりになるのはうれしい。空間認識技術による合焦速度0.07秒の高速オートフォーカスにも対応しており、運動会やとっさのスナップ撮影にも威力を発揮するに違いない。エントリーモデルながら、上位機種に迫る性能を網羅しているのが心憎い。

セルフィーや4Kフォトが注目されがちだが、通常撮影の基本性能もしっかりしている(LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH.使用、ISO200、1/500秒、F3.5、-1補正、50mm相当)
もちろん、すべてカメラ任せにして撮ってもいい結果が得られる。AFエリアは49点と広い(LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH.使用、ISO200、1/320秒、F5.6、24mm相当)
キットレンズの写りもなかなかのものだが、豊富なLUMIXレンズやマイクロフォーサーズ規格のレンズが使えるのも魅力(LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH.使用、ISO200、1/320秒、F3.2、50mm相当)

小型軽量で外観もおしゃれ、かわいらしい実力派カメラ

ボディーカラーはオレンジとシルバーの2色を用意しているので、自分のイメージや好みのファッションに応じて選べる。お洒落に携行しながら一眼クオリティーの写真をカンタンに撮影できる、実力派のコンパクトなミラーレス一眼という印象を持った。唯一気になったのが、記憶メディアにmicroSDメモリーカードを採用したことだ。うっかり普通サイズのSDメモリーカードを用意してしまい撮れなかった…ということのないように留意したい。

キレイなボディーカラーとスタイリッシュなデザインのカメラは、ちょっとしたお出かけに持ち出したくなるだろう(LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH.使用、ISO200、1/125秒、F5.1、50mm相当)
無料の専用アプリ「Panasonic Image App」はスマホからシャッターを切る「リモート撮影」にも対応する(LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH.使用、ISO200、1/500秒、F1.7、-1.3補正、50mm相当)
誰でも簡単にキレイな写真を撮ることができるのがこのLUMIX GF9だ(LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH.使用、ISO200、1/250秒、F5.0、-1補正、24mm相当)
三井公一
iPhoneで独自の世界観を持つ写真を撮影している。2010年6月新宿epSITEで個展「iの記憶」を開催。同年10月にはスペインLa Panera Art Centerで開催された「iPhoneografia」に全世界のiPhonegrapherの中から6人のうちの1人として選ばれる。

[日経トレンディネット 2017年3月15日付の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧