【美髪を育てる 炭酸温水ヘアパック】

最近、髪にハリやコシがなくなってきた……。そんな髪質の変化を感じている人に効果的なのが、炭酸温水ヘアパック。

「炭酸水が頭皮に浸透すると、血流が増加することが研究でわかっている。細胞に栄養が行き届くことで、髪質の改善が期待できる」(前田教授)

「炭酸の気泡には、毛穴に詰まった角栓や皮脂などの細かい汚れを除去する効果がある。シャンプーでまず大きな汚れを取り去り、その後に炭酸温水ヘアパックを行うことで、より効率よく頭皮の毛穴をきれいにすることができる」(前田教授)。ヘアパック後にトリートメントを行おう。

(左)シャンプー後、炭酸温水をたっぷり含ませたタオルで頭を包み5~15分そのままに。その後トリートメントを。(右)ヘアパック中は、湯船で温めた炭酸温水をこまめに頭の上からかけ足して。炭酸濃度をキープしながら頭の冷えも防止

「重曹入りは肌荒れを起こすことも 「水+炭酸」が肌にはベスト

重曹(炭酸水素ナトリウム)を使った炭酸水はアルカリ性に傾いているため、皮脂を取りすぎたり、乾燥肌の場合は肌荒れの原因になることも。「また、硬度の高い天然炭酸水などに多く含まれる炭酸水素カルシウムもアルカリ性のことがある」(前田教授)。肌が極度に乾燥するときは使用を中止しよう。

ペットボトルの裏面に「水、炭酸」あるいは「水、二酸化炭素」と表示されている炭酸水は、弱酸性でスキンケアに適している。

飲む・つかる……炭酸水の美容効果はほかにもいろいろ!

<飲んで便秘解消>

「朝、起き抜けに100~150ml程度の冷たい炭酸水を飲むと、胃内部の血流が一気にアップし、腸のぜん動運動が活発に。お通じが良くなる」(前田教授)。便秘は吹き出物など肌トラブルのもと。体の内側から美肌を目指そう。

<手浴・足浴で肌荒れ改善>

温めた炭酸水を洗面器に入れ、手首から先を5~15分つけると指先の毛細血管が拡張。血流が良くなることで細胞が活性化し、手指の荒れなども改善。上半身の血液循環もよくなるため、首や肩のこりなども解消できる。

「炭酸温水足浴は、糖尿病による足先の血流の滞り改善治療でも大きな効果を上げている」(前田教授)。自宅で行う場合はたらいなどに炭酸温水を張り、足首の上まで20~30分長めにつかる。美足効果+冷えも解消。

前田眞治教授
 国際医療福祉大学大学院。人工温泉としての炭酸水研究の第一人者。リハビリテーション医学を専門とし、床ずれなどの傷の治療や動脈硬化の改善など医療現場でも炭酸水を応用。『やせる! きれいになる! 炭酸生活」(幻冬舎)など著書多数。
次田哲也さん
 花王スキンケア研究所上席主任研究員。博士(工学)。スキンケア、ファンデーションの臨床効果実験・評価に精通。20数年の研究歴から、肌の状態やスキンケア法をわかりやすくアドバイスする。東京農工大学の非常勤講師としても活躍中。

(ライター やまきひろみ、写真 鈴木希代江、Paul Taylor=getty images、スタイリング 椎野糸子、ヘア&メイク 薄葉英理=ロッセット、モデル 殿柿佳奈、イラスト 金子なぎさ、構成 太田留奈)

[日経ヘルス 2017年3月号の記事を再構成]