中条あやみ マルチに活動広げる20歳、夢は東京五輪

日経エンタテインメント!

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14年、『劇場版 零~ゼロ~』で映画初主演。公開中の映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』に出演。11月25日には主演映画『覆面系ノイズ』が公開予定(写真:中村嘉昭)

2011年から務める雑誌『Seventeen』の専属モデルに始まり、女優業、NTTドコモ「dポイント」やハーゲンダッツといったCM出演――。2月4日に20歳を迎えた中条あやみが、マルチな活躍を見せている。

     ◇     ◇      ◇     

「小さい頃は、両親の影響で洋画やMTVを見ていたんです。父の好きなデビッド・ボウイやジェームス・ブラウンを聴いているような子どもでした(笑)。中学生の頃はハリウッドセレブが憧れで、愛読誌も海外セレブのゴシップ誌。

中学校の友達には、EXILEさんやAKB48さんなどのグループが圧倒的に人気でした。『Seventeen』を読んでる友達も多くて、一番人気は桐谷美玲さん。部活の連絡ノートにみんなで『美玲ちゃん、かわいい!』と書いたり。私のファッション情報は、海外ゴシップ誌と『Seventeen』が混ざっている感じでした」

芸能界を意識するようになったのは、中学3年生のときにスカウトされてから。「ミスセブンティーン2011」オーディションに参加することになり、グランプリに選出。モデル活動を開始した。

「モデルになれるとは思ってもいなかったんですけど、もしなれたなら学校の友達とやっと話が合うと思いました(笑)。最終選考まで残ると『Seventeen』に載るんです。友達みんなが読んでるから、本当に驚かれました(笑)」

年下のスマホ使いに驚き

「今、私は専属モデルでは最年長の1人です。私が入った頃は、緊張して先輩に話しかけられなかったんですけど、年下の子たちはどんどん話しかけてくれるんです。すごくうれしいんですけど、世代のギャップを感じるときもあります(笑)。年下の子は、スマホの使い方にも慣れてますね。街中で私に気がついた子が、すぐにスマホで検索して、『CMに出てますよね』って話しかけられたり。私は高1で初めてスマホを持ちましたが、彼女たちは小さい頃から身近にあったから違うのかな」

『another sky‐アナザースカイ‐』 日本テレビ系にて毎週金曜23時から放送のバラエティ番組。2016年10月より、中条あやみが5代目女性MCに抜擢された。よく笑う、愛嬌のある素顔のキャラクターを見せている

2016年に出演した映画『セトウツミ』で毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞を受賞するなど女優業も好調。さらに同年からは、『another sky‐アナザースカイ‐』(日テレ系)でMCに初チャレンジと活動の幅を広げる。

「『アナザースカイ』は、幅広い世代の方のお話が聞けるので勉強になります。どんなことをしたいのかと考えたり、いろんなことに興味を持つようになりました。

私はハーフなので、国際的な活動もできたらいいなと考えています。2020年の東京オリンピックは、いろんな国の人と接するチャンスです。何かオリンピックに関わる仕事ができるようになっていたらいいなと思います」

(ライター 高倉文紀)

[日経エンタテインメント! 2017年4月号の記事を再構成]

エンタメ!連載記事一覧