ヘルスUP

日経Gooday 30+

食べ過ぎたら12時間プチ断食 プロトレーナーが実践 人気トレーナー・木場克己さんのカラダメンテ術(4)

日経Gooday

2017/4/11

そのほか私自身が食生活で気を付けているのは、炭水化物(糖質)と脂質をとり過ぎないことです。もっとも、糖質は体に必要なエネルギー源なので、ある程度は食べる必要がある。ですから、炭水化物は1日1食だけ、昼か夜に食べるようにしています。脂質のほうは、とり過ぎるとやっぱり内臓が疲れます。朝起きて体調が悪い日は、だいたい前日に脂物を食べ過ぎていますから、そういったことを避けるためにも、なるべく脂物はとり過ぎないよう調整しています。

■食事タイムは「心の栄養補給」タイム

食事は、私にとっては体の栄養補給のほかにも大切な要素があります。それは「人とのコミュニケーション」、つまり心の栄養補給です。人と話して刺激をもらうのは、脳を活性化させるという意味で、健康維持に欠かせない要素だと思います。そんなこともあり、基本的に週に半分は人と会って食事をし、仕事のアイデアやヒント、新しい考え方に触れるようにしています。ただ、そうすると経費もかさむので、会社からは「社長、ちょっと経費を使い過ぎています」と言われるんですけどね(笑)。

若い世代や異業種の人との交流は、心の栄養補給タイムです(写真 村田わかな)

あと、うちは社員たちがみんな若いのですが、彼らや、指導する若い現役選手たちと話をする、意見を聞くといったことも刺激になります。「そんなことを考えていたのか」「僕にないアイデアやものの見方だな」と思うこともしばしばありますね。いろいろな世代の人や、自分とは違う社会経験のある人と交流することが、若さを保つ秘訣というか、健康を保つことにつながっていると思います。

そうした交流を通じて得たアイデアやヒントから、新しい仕事をつくり出していくのが、とにかく楽しくて仕方ないですね。実は私はこれといった趣味がなくて、聞かれたときには「仕事が趣味です」と答えるんです(笑)。これは別に格好をつけているわけではなくて、自分が思って始めたことが成果につながる、成果といってもお金ではなくて、ほかの人から評価されることが楽しいのです。

私自身はプロトレーナーを名乗っていますが、プロとしての評価の軸は、お金ではなく影響力、つまり、たくさんのお金を稼ぐのがプロではなく、いろいろな人に、職業として、人として、影響力があることがプロだと考えています。これは選手も指導者も同じで、いくら報酬が多くても、影響力がないとプロとはいえません。逆に、報酬が少なくても影響力があり、その人の言葉通りに人が動く、そんな人がプロといえるのではないでしょうか。私も、自分自身を磨き続け、トレーナーとして影響力のある存在でありたいと常に思っています。

今はFC東京U-18の久保建英選手や水泳の池江璃花子選手といった、次の東京オリンピック世代の若手選手も見させてもらっています。2020年、私は57歳になりますが、まだまだ、求められる限りはプロトレーナーとしての仕事を続けていきますよ。

【人気トレーナー・木場克己さんのカラダメンテ術】

第1回「これだけ?プロが教える、太りにくい体幹トレーニング

第2回「『正しい姿勢』をキープ それだけで体幹は鍛えられる

第3回「筋力維持のため30代から始めたい 1日1回『片足立ち』

(写真 村田わかな)
木場克己
鍼灸師、柔道整復師、日本体育協会公認アスレティックトレーナー。1965年鹿児島県出身。FC東京ヘッドトレーナー(1995~2002年)、サンフレッチェ広島 育成コンディショニングアドバイザー(2011~2013年)、ガンバ大阪ユース コンディショニングアドバイザー(2016年)などを歴任。創部3年目にして「クイーンズ駅伝2016」で優勝した日本郵政グループ女子陸上部の体幹トレーニングを指導。アスリートウェーブ代表取締役、オフィシャルサイトhttp://kobakatsumi.jp/

(ライター 松尾直俊)

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL