back number、初ベストで100万狙う 顧客データを活用

日経エンタテインメント!

2016年12月28日にリリースされた3人組ロックバンド、back numberの初ベスト盤『アンコール』がロングセラー化している。発売から8週連続で間オリコン週間CDアルバムランキングのトップ10入りを続け、出荷65万枚を超える好調な売れ行き。レコード会社は今年1年かけて100万枚を狙うという。

『back number』 群馬県出身の清水依与吏(中)、小島和也(左)、栗原寿(右)によるロックバンド。切ない歌詞人気で10代から火がついた。6月まで全国15会場、30公演のアリーナツアーを開催中
『アンコール』 2枚組のベストアルバム。全32曲収録。(ユニバーサル/3500円・税別)

back numberが所属するレーベル、ユニバーサル・シグマは、15年7月に3枚組ベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』でミリオンを達成した実績を持つ。『アンコール』ではそのノウハウをそのまま活用したのかと思いきや、そうではないと制作本部長の垣原伸彦氏は言う。「ドリカムは世代問わず多数の楽曲とアーティスト名が認知されている。一方でback numberは10代人気は高いものの、認知度はドリカムに及ばない。今回はベストではなく通常のアルバムと同様の販促方法が有効と考えた」(垣原氏、以下同)。

通常盤のスキームとは、ベスト盤発売1カ月前にニューシングル『ハッピーエンド』を発売したことだ。アルバムの先行シングルの役目を担った『ハッピーエンド』は、福士蒼汰主演の映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌。映画の話題性もあり、情報解禁となった昨年10月から情報番組や音楽バラエティ番組が、このシングルが収録されるベスト盤についてこぞって取り上げた。

『アンコール』のオリコン週間CDアルバムセールスの推移。2月27日の10位まで8週トップ10入りを続けた

back numberはライブが活動の中心だが、昨年10月以降は『ミュージックステーション』(テレ朝系)などの音楽番組から『A‐Studio』(TBS系)などのトーク番組まで積極的にテレビ出演し、楽曲とアーティスト名をお茶の間に刷り込んでいった。

リリース後もメンバー稼働は続き、2017年1月には『SONGS』(NHK)と『ミュージックステーション』の2時間スペシャルに出演。2月には主題歌となっている映画の映像を使った『ハッピーエンド』のミュージックビデオを期間限定で公開するなど、話題を提供し続けており、これもロングヒットを後押ししているだろう。

予想外の購買層で方向転換

一方で、ドリカムのベストアルバムでの成功体験を生かした部分もある。発売日の3カ月以上前という早めの告知タイミングだ。「予約数を見極めながら、プロモーションが効果的にファンの方に届いているか検証する期間は、できるだけ長く取りたい」

その結果、あるチェーン店のデータからは、『アンコール』の購入者の約7割が初めてback numberのアルバムを購入し、その中で30~40代の女性の割合が多いという実態が見えてきた。「前アルバム『シャンデリア』の購買層と半数以上は重なると予想していたので驚きました。そこで、30~40代の女性層により積極的に訴えるため、2月放映のCMには同世代の憧れの存在である、井川遥さんと麻生久美子さんに出演を依頼しました」。

10代の唐田えりか、山田愛奈が出演した当初のCMに替え、30~40代の女性に向けた新バージョンでは『ハッピーエンド』が流れるなか、井川遥と麻生久美子が「back numberなんて聴かなきゃよかった」と物憂げにつぶやいた。顧客データを活用して、ターゲットにあわせた販促策を臨機応変に打ち出したのが、ファン層の拡大につながっているようだ。

2月25日からベスト盤を携えたアリーナツアーが始まり、テレビでのプロモーションは一旦休止しているが、「会場での手売りや、さらに先の次期の仕掛けも考えている。1年間かけてミリオンを狙いたい」と強気だ。CD市場規模の縮小が続くなか、新たなミリオンヒットが生まれるか、そのセールス動向に注目したい。

(ライター 橘川有子)

[日経エンタテインメント! 2017年4月号の記事を再構成]

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧