ヘルスUP

日経Gooday 30+

男性が女性より短命なのには、深いワケがあった 東京大学大学院・近藤尚己准教授に聞く「ストレス社会への処方箋」(2)

日経Gooday

2017/4/4

(c)bowie15 -123rf
日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

 「おばあちゃんが亡くなったら、おじいちゃんも後を追うように亡くなってしまった」という話を聞くことがある。しかし、逆におばあちゃんがおじいちゃんの後を追うように……という話はあまり聞かない。これは迷信なのだろうかというと、実はそうではない。「統計データから検証すると、こういう傾向は実際にあるんです」と、社会疫学者の近藤尚己さんは話す(前回のインタビューは「『孤立』はたばこと同じくらい体に悪い?」)。パートナーとの死別はストレスの最たるものだが、そこから受ける影響には、男女の間で違いがあるようだ。男性、女性は、それぞれどういったストレスに弱いのだろうか。そこにも、健康的に生きるためのヒントが隠されていた。

■パートナーと死別。男は後を追いやすいが、女は平気!?

――前回のインタビューで、孤立は不健康に繋がり、寿命を縮めるというお話を伺いました。人との繋がりがあるかどうかが、健康に大きく関係しているということですね。それに関連して、近藤さんの研究の中に、「人との繋がりが健康に与える影響に男女差がある」というものがあり、非常に興味深かったです。

パートナーに先立たれた場合、後を追うように亡くなってしまう確率は男女で大きく異なります(写真 秋元忍)

 「死別の研究」ですね。結婚したパートナーに先立たれた場合、その後に死亡する確率はどのくらい上がるのかという研究を、ハーバード大学の大学院生と一緒にやりました[注1]

 分析の結果、男女ともにパートナーに先立たれると、早く死亡してしまう傾向があると分かりました。パートナーが死亡した人は、その半年後までに、パートナーがいる人よりも41%ほど死亡する率が高いのです。半年がたつと死亡リスクはやや下がりますが、それでもパートナーがいる人より14%高くなります。

 興味深いのはここからです。男女に分けて調べると、男性の場合は23%の増加、女性はわずか4%の増加にとどまることが分かりました。ざっくり言うと、女性はパートナーが死んでもへっちゃらだということです。もちろん、これは統計上の話ですから、全員に当てはまるわけではありませんが。

 ここからは憶測ですが、女性は、男性と比べると、一人になっても別のコミュニティーを新たにつくる能力が平均的に長けているからだと思います。分かりやすい例が、定年退職です。これがものすごく健康リスクになる場合があります。

[注1]J. Robin Moon et al. Widowhood and Mortality: A Meta-Analysis. PLoS One. 2011;6:e23465.

――えっ、そうなのですか? ようやくリタイアして、自由になる時間がたくさんできて健康になるのかと思いました。

 もちろん、退職してやりたいことをやろうと生き生きする人もいますけど、これまで仕事一筋だった人が、退職によってコミュニティーを失ってしまうというリスクもあります。

 仕事一筋の人にとってのコミュニティーは、職場と家庭しかありません。すると、退職によって職場というコミュニティーが失われてしまいますから、家しかなくなってしまいます。

 日本の場合、特に男性はそういった傾向が強い。例えば、退職後、仕事がなく家でウダウダしていると、奥さんに「邪魔よ」って怒られちゃいますよね。外に蹴り出されても何もやることがなくなってしまう。居場所もない。すると、パチンコにはまってしまったり、酒に溺れてしまったりします。

 やはり仕事と家庭以外にも、いくつかのコミュニティーを持っておくことは、健康面において大事な要素です。還暦を迎える前から、家と仕事以外の居場所、例えば地域の集まりや趣味の会などといった複数のコミュニティーに属している方が、自分の役割を意識して元気でいられるのではないかと思います。

ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL