子供にも格安スマホ アプリも登場、広がる見守り機能格安SIM最前線

PIXTA
PIXTA

新年度が始まる4月、入学や進学のタイミングで子どもにスマートフォン(スマホ)を渡すという家庭も多いのではないか。電話料金の節約のために、子どもに格安スマホを渡そうと考えている人もいるかもしれない。実際、内閣府の調査によると格安スマホを利用する子どもは年々増えている。そんな事情を踏まえて、格安スマホで見守り機能を活用するためのアプリが登場した。

格安スマホの利用率は子ども向けスマホを上回る

内閣府が2月27日に公開した「平成28年度 青少年のインターネット利用環境実態調査」の速報によると、満10歳から満17歳までの青少年のうち、スマホの利用率は57.1パーセントに上る。

このうち、格安スマホの利用率は3.2パーセントとなっており、大手キャリアの子ども向けスマホの利用率2.6パーセントを上回った。

平成28年度 青少年のインターネット利用環境実態調査(速報)より作成

通信料金や端末代金などのコストが安い格安スマホを子どもに持たせたい──そう考える保護者は今後も増え続けるだろう。その一方で、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上でのトラブルや、成績への影響など、スマホが持つマイナス面を不安視する人も少なくないはずだ。

そこで活用したいのが、フィルタリングサービスや利用制限、位置情報の参照といった見守り機能を備えた格安スマホだ。これらの機能を持つスマホを渡した上で、子どもと保護者が一緒になってルールを作ることで、スマホやインターネットを利用する上でのリテラシーを育む助けになるだろう。

見守り専用アプリが登場

トーンモバイルは3月1日、同社の格安スマホ「TONE」で利用できる保護者向けアプリ「TONE見守り」の配信を開始した。

トーンモバイルの「TONE」。写真は最新モデルのTONE m15(販売価格3万2184円。税込、以下同)

TONEは首都圏を中心とした各地のTSUTAYA店頭、およびトーンモバイルのウェブサイトから契約できる格安スマホ。子ども向けの見守り機能を持つオプションサービス「TONEファミリー」を提供しているのが大きな特徴だ。

TONEファミリーは、ユーザーの現在地表示、端末上で使えるアプリの利用制限、専用ブラウザー使用時のフィルタリングといった、大手キャリアが販売する「キッズスマホ」や「ジュニアスマホ」などと同様の機能が利用できるサービスだ。通学や通塾に使う駅を通過したときに通知を受け取ったり、スマホを夜遅くまで使いすぎないように制限をかけたりできる。歩数計機能と連動した、歩きスマホの警告機能も備える。また、子どもと保護者両方がTONEを契約し、TONEファミリーに加入していると、画面をタップした回数に応じて相手のTONEからノックの音が鳴る「エアノック」というコミュニケーション機能も利用できるようになる。

MONO TRENDY連載記事一覧