『ミス・サイゴン』25周年映画化 緊迫の演技を堪能

日経エンタテインメント!

ミュージカル舞台の大ヒット作『ミス・サイゴン』が映画になった。2014年9月にロンドンのプリンス・エドワード・シアターで上演された25周年記念公演を撮影して映像化したもの。劇場で見るのとは全く違うアングルから舞台を堪能できるのに加えて、新旧キャストが共演する<25周年記念スペシャル・フィナーレ>も楽しめる。『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』の見どころを紹介しよう。

『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』上映中 (c)2016 CML

物語は1970年代、ベトナム戦争末期のサイゴンで始まる。ベトナム人少女キムとアメリカ兵クリスが、エンジニアの経営するナイトクラブで出会い、愛し合う。だが、サイゴン陥落の混乱のなか、クリスはキムを残してベトナムを離れることに。戦争が終わり、クリスはアメリカで結婚して新たな人生を歩み始める。一方、キムはエンジニアと共にタイのバンコクに逃れ、クリスとの間に生まれた息子タムを育てながら、クリスが迎えに来る日を待ち続けていた。そして、息子の存在を知ったクリスがタイを訪れ、再会の時が近づくが…。

ギラギラした表情とセリフの応酬

『ミス・サイゴン』の初演は1989年、ロンドンのウエストエンド。『キャッツ』『オペラ座の怪人』『レ・ミゼラブル』のヒットメーカー、キャメロン・マッキントッシュが製作した大作ミュージカルだ。実物大のヘリコプターが舞台に降りてくる大仕掛けや、アジアを舞台にしたエキゾチックな華やかさが話題を呼んだ。作詞・作曲は『レ・ミゼラブル』を手がけたアラン・ブーブリルとクロード=ミッシェル・シェーンベルクのコンビ。日本でも92年の初演以来、再演を重ねる人気ミュージカルで、今年5月に25周年を迎える。

サイゴン陥落の場面では実物大ヘリコプターが登場
エンジニアが歌う『アメリカン・ドリーム』

映画版の見どころは3つある。

まず、劇場とは全く違うアングルから楽しめること。記念公演を撮影した後に、映画のために再度キャストを集めて、観客を入れずに追加撮影をした。それによって、カメラは舞台を縦横に動きまわり、クローズアップを多用して、俳優の表情や動きを大写しにする。

『ミス・サイゴン』は戦時下という明日が見えない状況のなかでも、新しい世界を夢見て生き抜こうとする人々の群像劇。若き男女の悲恋が軸ではあるが、戦争や体制に振り回される人々の権力欲や怨念、裏切り、絶望といった様々な感情が渦巻き、それを体現する俳優たちのエネルギッシュな演技が見せ場だ。劇場では大掛かりなセットや、華やかな美術といった視覚効果に目がいきがちだが、クローズアップを多用する映画版では、俳優のギラギラとした表情やセリフの応酬、飛び散る汗が目の前で繰り広げられ、緊迫の演技を堪能できる。日本版のミュージカル舞台に慣れ親しんだ目には、「『ミス・サイゴン』とは、これほど激しいドラマだったのか」と驚かされるのではないか。

次のページ
観客と一緒に参加している気分に