香りが睡眠に及ぼす効果は? アロマで不眠症が治る?

日経ナショナル ジオグラフィック社

2017/4/18

アロマ商品やアロマテラピー(芳香を用いたリラクゼーションや治療)に本当にそのような効果があるのかについては肯定派、疑念派ともにいる。ある種の芳香(例えば精油=エッセンシャルオイルなど)に鎮静効果や刺激効果があることを証明したとする研究論文もあるが、方法論的に問題を抱えているものも少なくない。

一方で、アロマはすでに現代人の生活に深く根付いている。すでに古(いにしえ)から沈香(じんこう)や白檀(びゃくだん)などの香木が珍重され、貴人の趣味だけでなく、宗教的儀式や治療など広く用いられてきた。つまり根拠はともかく「実績」がある。アロマ商品がこれだけ売れているのも、消費者が心地よさを感じているからにほかならない。作用メカニズムには不明な点も多いが、やはり何らかの生体効果を発揮しているのかもしれないな、と疑い深い私でさえ思う。

冒頭で嗅覚の神経伝達路は他の感覚経路と異なる特徴があると書いた。少し専門的になるがご説明しておく。嗅覚は匂い物質が鼻腔の奥(要するに鼻の奥)にある嗅細胞を刺激することで生じ、嗅細胞からの情報は最終的に鼻の真上にある前頭葉の眼窩(がんか)前頭皮質に送られて「匂い(臭い、香り)」として知覚される。

嗅覚経路の大きな特徴は、嗅細胞から眼窩前頭皮質に至る途中で情動調節に関わる扁桃体や、自律神経やホルモン調節に関わる視床下部を通過することにある。これらの脳部位は睡眠の調節にも深く関わっている。例えば、睡眠不足や不眠症では扁桃体が過剰に活動して不安感が増したり、交感神経が活発になって心拍や血圧が上がるなどの心身のアンバランスが起こる。

では、実際にアロマで不眠症が治るのか?

では、実際にアロマで不眠症が治るのか? たしかに「ラベンダーが不眠症状に効いた」などの研究が少数ながら専門誌に掲載されていたものの、困っている患者さんに「効果があります!」と薦められるほど信頼性のあるデータは見つけることができなかった。これらの研究が信頼性に乏しい最大の難点は、効果を測定しようとしたときに、どのような芳香を使っているか、もしくは使っていないのか、被験者に簡単に分かってしまうことである。

そのせいで、薬を使っていると考えただけで効果が出る「偽薬効果」と本来の効果が区別できない。「ニセ薬、侮り難し 睡眠薬の効果は4階建て」でも取り上げたプラセボ効果が壁になるわけだ。見た目を区別できなくできる薬剤などと違って、嗅覚の臨床試験はとても難しいのである。

プラセボ効果を避けるためには、匂いとして感じられない程度の微量に抑えればよいが、それでは効果がはっきりしないことが多いようだ。そのほかにも被験者の人数が少ない、作用が弱い、効果の判定方法が曖昧など改善点も多く、この研究領域がまだまだ発展途上であることがよく分かる。

ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
アロマと「記憶」の興味深い関係とは
ナショジオメルマガ