グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

大人のレストランガイド/トレンドウォッチ[PR]

もんじゃ屋形船で歓迎会 食べ飲み放題で夜景も花見も

2017/3/15

 異動の春、新入社員の春到来。

 新戦力が存分に力を発揮できるよう、よりよいコミュニケーションのための歓迎会はとても重要だ。

 主賓には、後々思い出になる新鮮な喜びを、同席者にも満足を…。それだけに、店選びは吟味に吟味を重ねたい。

 急速に寒さが緩み春らしくなってくる時候だけに、春を存分に満喫できる歓迎会はいかがだろうか。

 今回ご紹介するのは屋形船。

窓付きで開放的な船内

 屋形船というと盛夏の納涼というイメージがあるが、窓付き、個室型の船も多く、季節を問わない。春風に当たりたければ窓を開けて、少し冷えてきたなと思えばまた閉めて…。いちはやく春を味わうには、屋外の花見や店の中より、実は便利がいい。

 屋形船と言えば、刺し身の舟盛りに揚げたて天ぷら食べ放題、が通り相場だったが、最近は、東京ならではの個性を前面に押し出した屋形船も人気を呼んでいる。

「もんじゃ屋形船」だ。

東京ならではの味、もんじゃ焼

 内海の東京湾とはいえ、海に浮かぶ屋形船は、実は料理の制約が多い。海に波はつきもの。鍋物や汁物はこぼれてしまう危険性があるのだ。

 でも、江戸の味、もんじゃ焼なら多少の揺れでも安心。東京湾や隅田川の水上で、東京ならではの味が堪能できる。

「月島もんじゃ 屋形船」はそんなもんじゃ焼を売り物にする屋形船の老舗だ。

 コースはお台場、隅田川の2コースから選べる。

最終乗船は夜8時

 お台場コースは、新木場から出航する2時間の船旅。昼12時出航から始まり、夜8時発の最終便まで、多様な時間帯で乗船できる。途中参加、途中下船ができない屋形船だけに、忙しい職場でも全員の仕事終わりを待って、夜8時出航という宴会もできる。

 地下鉄有楽町線、JR京葉線、りんかい線が交わる新木場駅から専用の送迎バスですぐの場所だ。都心からのアプローチも良好。

 一方隅田川コースは昼のみの設定。時間は2時間半。地下鉄勝どき駅そばの晴海朝潮桟橋から出航する。

好きなもんじゃ焼を好きなだけ

 メニューの基本はもんじゃ焼の食べ放題プラス飲み放題。乗船する時間帯、平日か祝日か、また食べ飲み放題メニュー違いでいくつかのパターンがある。

 初心者にはわかりにくいもんじゃ焼の焼き方だが、船内では調理指導もしてくれる。まずはおすすめのメニューをいただき、それを食べ終えたら、後は好きなもんじゃ焼を選べる。

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL