健康・医療

日経Goodayセレクト

「腸内フローラが整えば健康になる」とは限らない?

日経Gooday

2017/3/19

腸内フローラの組成と機能には本人の遺伝情報や抗生物質の服用が影響する(c)Gennady Kireev-123rf
日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

 近年、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう、腸内フローラ)と健康の関係に注目が集まっています。米カリフォルニア大学サンフランシスコ校のSusan V. Lynch氏らは、近年の腸内フローラに関する研究結果をまとめて、その概要を米国の「The New England Journal of Medicine」(NEJM)誌2016年12月15日号[注1]に紹介しました。これによると、腸内細菌が健康に及ぼす影響の少なくとも一部には本人の遺伝子がかかわるため、腸内フローラを整えれば誰もが健康になれる、病気を予防できる、というわけではなさそうです。

[注1]Lynch SV, et al. N Engl J Med 2016; 375:2369-2379. DOI: 10.1056/NEJMra1600266

【腸内細菌叢(腸内フローラ)とは】 人の消化管に存在する何兆個もの細菌は、それら同士で、また人の細胞と相互に作用しながら、安定した生態系を形成しています。これを腸内細菌叢(腸内フローラ)と呼びます。腸内フローラを構成する細菌の組成や機能の乱れは、様々な病気の発症に関係することが示唆されています。

 では、Lynch氏らがまとめた腸内フローラの最新知見の内容を見ていきましょう。

■腸内フローラと人の関係

 人と腸内細菌は共に進化を遂げて、相互依存の関係を築き上げました。その結果、腸内フローラは、人の免疫系の成熟に重要な役割を果たし、病原体の増殖を抑制し、人の細胞の増殖や新たな血管の形成に影響し、腸の内分泌機能や神経系での信号伝達、骨密度の調節などに役割を果たすようになりました。

■年齢と腸内フローラ

 人は誕生の際に母親の持つ細菌叢を受け継ぎます。母乳栄養終了後、腸内フローラを構成する細菌の多様性は急速に拡大、7歳から12歳にかけて成人の組成に近づき、成人後は安定します。組成は人ごとに大きく異なりますが、その機能に大差はありません。高齢になると、抱えている疾患や加齢による免疫機能の低下などにより、腸内フローラの組成が不安定になり、多様性も縮小します。

■腸内フローラに影響を与える要因

 分娩法や、本人の性別、年齢、遺伝子、免疫の状態、食事の内容(サプリメントを含む)、便の硬さ、抗生物質などの薬や毒物の摂取、感染症の経験、環境に存在する細菌との接触などが、腸内フローラの組成と機能に影響を及ぼします。

 近年注目されているのは、本人が持つ遺伝情報が、特定の細菌の定着に影響を及ぼすことです。

健康・医療

ALL CHANNEL