WOMAN SMART

鈴木ともみの気になるハナシ

生田斗真の「女優魂」に学ぶ 女性らしさの本質とは

2017/3/8

 3月8日は国連が定めた『国際女性デー』です。日本ではまだなじみの薄い記念日ですが、今年は東京の渋谷ヒカリエにて、国際女性デーを祝う『HAPPY WOMAN FESTA 2017』が開催されるなど、徐々に広がりを見せ始めています。

 そんな中、女性とダイバーシティー(多様性)について考えさせられる映画『彼らが本気で編むときは、』(現在公開中)を見てきました。

 この映画は、『かもめ食堂』『めがね』などで女性からの支持が厚い荻上直子監督の5年ぶりの最新作です。生田斗真さん演じるトランスジェンダーの女性・リンコが主人公の物語。リンコと、彼女の心の美しさにひかれ全てを受け入れた恋人・マキオ、そして愛を知らない孤独な少女・トモの3人が一緒に暮らすことになり、それぞれの幸せを見つけるまでの60日間を描いています。

 第67回ベルリン国際映画祭でパノラマ部門とジェネレーション部門に出品され、LGBT(性的少数者)映画を対象としたテディ賞の審査員特別賞を受賞しました。

 生田さんといえば、若手俳優でも屈指の実力派です。2013年の『脳男』で人間としての感情を持たない殺人マシン役、2014年の『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』ではコミカルな刑事役など、多彩な役柄を演じられるのが魅力の役者さんです。

 この作品でも途中から生田さんが本物の女優さんに見え始め、彼が演じていることを忘れてしまうくらいに魅せられてしまいました。

 今回の役作りについて、生田さんは情報番組『王様のブランチ』のインタビューの中で「実際にトランスジェンダーの女性と会い、会話し、様々な話を聞いて役作りに励んだ」と語っています。

 脚本をはじめ、一から今作を作り上げた荻上直子監督は、映画専門ウェブメディア『FILMERS』のインタビューの中で「もともと(生田さんは)本当に男気があってとても男っぽい方なので、歩き方が完全に男子なんですよね。そこはかなり練習してもらいました。彼も気を使ってくれて、休み時間にでもスカートを履いてくれていました。所作指導の先生が来て(指導してくださると)、バッグの持ち方も違うわけです。肩にかけるときの手の置き方とかも(笑)。すごく努力してくれましたね、彼は」と生田さんの役作りの姿勢について評価しています。

 そんな生田さんですが、所属のジャニーズ事務所では異色(異端?)の存在です。通常、ジャニーズでは何人かでアイドルグループを結成し、CDデビューを果たします。個人で俳優として活動している人も多いですが、あくまでグループの活動と並行して行うのが王道です。

 ところが生田さんにはそのキャリアがありません。事務所内では少し不遇な存在だったといってもいいでしょう。実際、あるインタビューでは芸能活動を続けるか迷ったことを明らかにしています。外部出演した舞台などで、ようやく俳優としての自分を見つけ、経験を積むことで演技力を磨いてきました。映画などにおける求道的ともいえる役作りはこうしたキャリアも影響していると思います。

 アイドルグループだけがジャニーズではない。彼の活躍は後に続く人にとって希望です。自分の個性を磨いて、ポジションをつくれば、道は開ける……。誰にでもできることではありませんが、仕事などでつい自分の居場所に悩みがちな私たちにとっても、参考になるキャリアといっていいのかもしれません。まず、今の自分にできることを極めてみるのです。

WOMAN SMART新着記事

ALL CHANNEL