「経営者は攻殻機動隊から学べ!」 夏野剛氏編集委員 小林明

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会
「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」 (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

世界的に人気の高いSF漫画・アニメ「攻殻機動隊」に描かれているテクノロジーを現実世界で具体化しようというプロジェクトが産学一体で進んでいるのをご存じだろうか?

「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」――。多脚戦車「タチコマ」に着想を得たコミュニケーションロボット、義体(サイボーグ)技術を生かした身体防御スーツなど作品に登場する様々なテクノロジーを応用した挑戦が動き始めている。

■想像力と創造力を学べ、攻殻機動隊は教科書

夏野剛・慶応大学特別招聘教授

「『攻殻機動隊』は近未来の社会で使えそうな技術やヒントがぎっしり詰まった格好の教科書。日本の経営者は『攻殻機動隊』を見て、想像力と創造力を学ぶべきだ」。慶応大学(政策・メディア研究科)特別招聘教授の夏野剛さんはこう力説する。

実際にどんなヒントが隠されており、どんなテクノロジーが具体化に向けて動いているのか? 空想世界から現実世界に応用されつつあるテクノロジーの最新事情を紹介しよう。

「攻殻機動隊」は1989年に士郎正宗氏が発表した漫画が原作。舞台は科学技術が飛躍的に発展した21世紀の日本。脳の神経回路に素子(デバイス)を直接接続する「電脳技術」、義手・義足にロボット技術を付加した「義体(サイボーグ)技術」が普及し、生身の人間、電脳化した人間、サイボーグ、アンドロイド、バイオロイドなどが共存している。そんな近未来社会でサイバー犯罪などと戦う内務省直属の公安警察組織「公安9課」(通称=攻殻機動隊)の活躍を描いた物語だ。

1995年に劇場版アニメ映画「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」(押井守監督)、2002年にテレビアニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」(神山健治監督)が公開。小説、ビデオゲーム、スピンオフ漫画など派生作品も次々に誕生し、映画「マトリックス」にも大きな影響を与えたとされる。今春には米国の人気女優スカーレット・ヨハンソンさんやビートたけしさんらが出演する実写版のハリウッド映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」も世界公開される(日本公開4月7日)。

原作(漫画) (C)士郎正宗/講談社
劇場版アニメ映画 (c)1995 士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT
ハリウッド映画(実写版) (C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

エンタメ!連載記事一覧