お酒でクスリ 風邪や鼻炎の市販薬も「やはり危険」左党なら誰もが気になるアルコールと薬の関係(後編)

処方薬は、種類によってはアルコールで飲むことで命の危険性もあるそうだが、気軽に手に入れられる市販薬の場合はどうなのだろう(c)Yulia Gapeenko-123rf
処方薬は、種類によってはアルコールで飲むことで命の危険性もあるそうだが、気軽に手に入れられる市販薬の場合はどうなのだろう(c)Yulia Gapeenko-123rf
日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

前編の「『お酒でクスリを飲む』のはこんなに危険」では、処方箋によって出される薬の例を挙げ、種類によってはアルコールで飲むことで命の危険性もあることをお伝えしたが、家庭の常備薬ともいえる痛み止めや風邪薬はどうなのだろうか。また、これからの季節にお世話になる人も多いアレルギー性鼻炎用の薬への影響は? エッセイスト・酒ジャーナリストの葉石かおりさんが取材、気になる答えを紹介します。

風邪薬や痛み止めも注意が必要

痛み止めや風邪薬など、ドラッグストアで簡単に入手できる薬とアルコールの関係について、一般社団法人千葉県薬剤師会薬事情報センターの飯嶋久志さんは次のように説明してくれた。

「もちろん、市販薬で注意が必要な薬もたくさんあります。例えば、痛み止めや風邪薬に含まれているアセトアミノフェンは、通常、グルクロン酸抱合、硫酸抱合、CYP2E1による3種の代謝経路を中心に体外に排出されます。このうちCYP2E1はアセトアミノフェンをN-アセチル-p-ベンゾキノンイミン(NAPQI)に変化させます。このNAPQIには肝毒性がありますが、さらにグルタチオン抱合を受けることで、最終的にはメルカプツール酸として体外に排泄されます。しかし、アルコール常飲者ではCYP2E1の誘導により、NAPQIの生成が進み、グルタチオン抱合が限界を超えると、NAPQIが蓄積して肝障害を起こします」(飯嶋さん)

なるほど、普段からお酒を飲んでいる者としては、特に注意が必要なようだ。……今更ながら反省。

アレルギー性鼻炎用の薬への影響は?

痛み止めや風邪薬が出たところで、これからの季節にお世話になるアレルギー性鼻炎(花粉症)用の薬についても知っておきたいところである。

「かつてのアレルギー性鼻炎用の薬は、アルコールとの併用で眠気が増すといわれていました。最近では、フェキソフェナジン(商品名:アレグラ)などのように中枢神経抑制作用が少ない医薬品が開発されており状況は変わりつつあるものの、中枢神経に対する作用には薬剤によって程度の差があります。個々の薬剤については必ず専門家に相談するようにしてください」(飯嶋さん)

私も花粉症の季節はアレルギー剤を服用するが、確かに最近の抗アレルギー薬は眠気がマシになったように思う。とはいえ、アルコールとの相互作用が完全に否定されていないとなると、お酒と一緒に服用するのは避けたほうがよさそうだ。

飲酒後に薬を飲むなら、最低3~4時間は空ける

ここまでで挙げた例は、数ある薬のごく一部だ。薬によって影響はさまざまとはいえ、やはりお酒で薬を飲むのはやめた方がいいことは十分にわかった。

とはいえ実際問題、お酒なしの1日など考えられないという左党は多いだろう。朝昼晩と薬を服用するように指示されたら、いつお酒を飲めばいいというのか。また、飲み会の前に普通に飲んでいる胃腸薬のような薬もある。これはどうなのだろうか。

次のページ
薬を飲んだ後の飲酒はどうなの?
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント