超薄・発色で本命 有機ELテレビ発売ラッシュの正体西田宗千佳のデジタル未来図

今の有機ELテレビにもこれらの特徴はあてはまる。すなわち、黒がしっかり締まり、発色に濁りが少なく、キレの良い映像が楽しめるわけだ。だから、映画・音楽ライブなどを楽しむには、いままでの液晶テレビ以上に向いている。映像好きな人には、魅力的な製品だ。

一方で、テレビ用の巨大なパネルを製造するのは非常に困難である。赤・緑・青それぞれの色で発色する画素を使うのが理想的だが、その量産にはまだどのメーカーも成功していない。ソニーもパナソニックも、サムスン電子も失敗した。

その中で、LGディスプレーは画素の色はすべて「白」と構造を単純にした。その上に赤・緑・青そして「完全透過=白」のカラーフィルターを使うことで色を表現する。液晶におけるバックライト+液晶によるシャッターを白色の有機ELにした構造、といえる。これで量産にこぎつけた。

現在使われているテレビ向け有機ELパネルは、全てLGディスプレー製である。LGディスプレーはテレビ向け有機ELパネルの工場に大規模投資をした関係上、積極的にパネルを外販し、工場稼働率を維持する必要がある。同社の有機ELパネルの品質が向上したことに加え、そうしたビジネス上の事情もあり、2017年は有機ELテレビが増えてきた……、というわけだ。

LGエレクトロニクスがCESで発表した「LG OLED TV W」

液晶と一長一短の部分も。「液晶テレビからのノウハウ」の蓄積が重要

現状の有機ELテレビと液晶テレビを比較すると、「ハイエンドな液晶テレビに限っては」という条件がつくものの、有機ELテレビよりも液晶テレビの方が勝っている点があり「当面共存」というのがメーカー側の見方だ。

有機ELテレビの弱点は「輝度」「階調性」「焼き付き」の3点である。輝度は現状、ハイエンド液晶の製品が1000nit(ニット)を超えてきたのに対し、有機ELテレビは2017年モデルであっても800nit。液晶の方が上だ。また、暗いところにほんのり色が乗るような表現では、液晶の方が得意である。有機ELは闇夜の花火のようにコントラストが高い映像では無類の強さを発揮するものの、夏の日差しやほの暗い木陰などの表現では、まだ液晶に分がある。

また、有機ELのような自発光デバイスでは「同じ部分をずっと光らせ続ける」と輝度の劣化が進みやすい。俗にいう「焼き付き」である。特にゲームのスコア部や体力バー、PC画面のメニューなどで起きやすい現象だ。この問題を避けるために、有機ELテレビはゲーム向けのモードでは輝度を絞ることが多く、そこでも液晶との差が出る。

現状、どの有機ELテレビもLGディスプレーのパネルを使っていることから、「製品の画質も皆同じになる」と思うかもしれないが、そうではない。ここ数年、ハイエンド液晶テレビの画質が急速に向上しているが、その背景にはテレビメーカーが「画像処理エンジンの性能による差別化」に成功したことがある。ディスプレーパネルが有機ELに変わっても、画像処理エンジンの能力とノウハウが性能を決めることには変わりない。

液晶テレビで「画像処理エンジンの性能」を競い合っているパナソニック・ソニー・東芝の3社は、有機ELテレビでも、その競争を続けている。特にパナソニックは、画像処理エンジンとそのチューニングを有機ELに特化して進めており、映像製作会社で使われる「マスターモニター」にも似た、忠実な色再現に向けた開発をアピールしている。

パナソニックがCESで発表した有機ELテレビ「EZ1000」

画像処理エンジンにとっては液晶テレビと有機ELテレビは地続きの技術。各社の「絵作り傾向」も、現状のハイエンド液晶テレビを見れば、ある程度見えてくる。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
「薄さ」を生かしてデザインでも差別化、ハイエンドの
MONO TRENDY連載記事一覧