MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

動画が毎日5時間見放題 スマホに時間縛りの新定額制 格安SIM最前線

2017/2/28

PIXTA

 普通の速度で通信できる期間を、「通信容量」ではなく「通信時間」で管理する、新しいタイプの料金プランが登場した。把握が難しい「通信容量」とは違い、直感的に捉えやすい「時間」が料金の軸となる。このプランに向いているのは動画を積極的に楽しむユーザーだろう。時間さえ守れば動画も見放題になるからだ。

■時間で管理する新タイプの料金プランが登場

 インターネット接続サービス「So-net」を提供するソニーネットワークコミュニケーションズは、同社の格安SIMサービス「nuroモバイル」で「時間プラン」という新しい料金プランの提供を2月1日から開始した。

 時間プランはその名の通り、高速通信(下り最大375Mbps、上り最大50Mbps)ができる期間を「1日5時間」という時間枠で管理するプラン。ファイルのダウンロードやオンライン動画の視聴など、一定以上の通信量をnuroモバイルのネットワークが検知すると、時間枠が5分単位で消費されていく仕組みだ。

 5分後にまだ通信していればもう5分間を追加し、通信が終わっていれば消費も止まる。5時間の時間枠をすべて消費した時点で、低速通信(上り下りともに200kbps)に制限される。

一般的な月次プランが1カ月に高速で使用できる通信容量の上限(グラフは10GBの場合)を設定しているのに対して、時間プランは1日に高速で使える時間を設定している(イラスト 三井俊之)

 なお、アプリの通知やテキストメッセージの送受信といったデータ量が少ない通信では、時間枠を消費しない。

 月額料金は、電話と通信ができる音声通話SIMでは3456円(税込、以下同)、通信だけができるデータ通信SIMでは2700円となっている。

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL