オリパラ

オリパラSelect

訪日客も、ぬいぐるみ大好き! 白や桜色の和テイスト モンチッチは商品を3割増、リラックマは桜バージョンに

2017/3/10 日経MJ

サンエックスが発売した桜リラックマ

 ぬいぐるみのセキグチ(東京・葛飾)は和をテーマにした「モンチッチ」の商品を従来比3割増の40種類に増やす。2020年の東京五輪・パラリンピックで増加が見込まれる訪日外国人に人気のある全身白のモンチッチを出すほか、抹茶とモンチッチを融合させるなど斬新な素材とデザインでリピーター買いを促す。

 従来は着物や歌舞伎の衣装など日本らしさの定番ともいえる素材をいかした「和のもの」シリーズを30種類ほど展開していた。今後は「従来とは違った形で日本らしさを表現する」(第一営業部の瀬戸幸太マネージャー)。

 4月に胸元に赤色の文字で「JAPAN」と書かれたぬいぐるみを発売する。通常は茶色の毛を、赤い文字が引き立つよう全身白色にした商品も用意した。6月には抹茶やすしなど日本の食文化と組み合わせたモンチッチを発売する。抹茶では、全身を緑に彩る。

セキグチが4月に発売する日本をテーマにしたモンチッチ

 販路も広げる。16年11月にはキーホルダーを発売し、お土産需要用に単価が低い商品の展開も始めた。玩具店以外にも高速道路のサービスエリアや道の駅などでの商品の取り扱いも始める。モンチッチはアジアではマクドナルドのメニューのおまけになるほど人気がある。今年度は和のシリーズ全体で2割増の売上高を目指す。

 ぬいぐるみや人形業界が訪日外国人需要獲得に力を入れている。訪日客の興味関心が買い物から体験へ移りつつあるなかでも、ぬいぐるみの売り上げは好調だ。

 サンエックスはクマの人気キャラクター「リラックマ」を桜で彩った商品を発売した。新商品はぬいぐるみやポーチなど15アイテムを用意した。1月上旬から順次発売しており、外国人旅行客の多い原宿や東京スカイツリーの店舗では売れ行きが好調だ。

 サンエックスもセキグチと同様、現在は歌舞伎や忍者、着物などの衣装を身につけたリラックマの商品を販売している。ただ最近ではアジアを中心とする訪日外国人客の消費志向が日本人の消費者と近づいてきており、日本人女性が好みそうな桜のリラックマが売れているという。

(長江優子)

[日経MJ2017年2月10日付]

オリパラ新着記事

ALL CHANNEL